スポンサーリンク

 京成電鉄で久しぶりに新形式が導入されるということで話題となっている「3100形」。今秋のダイヤ改正と同時に運行を開始することが先日発表されましたが、今後の導入計画とそれに伴う車両置き換えについて考察してみました。

3100形ついに運行開始

3100形
引用:3100形

 今回のダイヤ改正と同時に運行を開始する3100形。まず2019年は2本導入する予定で、2020年度以降追加で5本投入、計7本が投入される予定となっています。これにより、現在アクセス特急で運用されている3050形は順次本線系統へ転用される予定となっており、アクセス特急の運用は3100形で統一される見込みです。

 3100形の詳しい情報は以下のHPをご覧ください。

置き換え車両は?

3600形
引用:3600形

 まず真っ先に置き換えが行われるのは3600系8両編成でしょう。現在8両編成として運用されているのは2本のみとなっています。おそらくダイヤ改正か、遅くとも年内には優等運用からは離脱する可能性が高いでしょう。早めの撮影をお勧めします。

 また、1編成のみの6両編成も今後4両編成に短縮して、2編成とも金町線専属運用となる可能性があり、京成本線内で撮影することは今後難しくなってしまうかもしれません。今後の動向に注目です。

3400形
引用:3400形

 3400形についても本線系統に押し出される3050形により置き換えられる模様ですが、そのまま廃車か編成短縮の上で3500形の置き換えに回るか2通りのどちらも考えられます。

スポンサーリンク

 まず廃車の可能性についてですが、 車体の製造は1993~95年ですが、 制御装置をはじめとした走行機器類はAE系 からの流用品であり、かなり老朽化していることが予想されます。 これを重く見て廃車にするというのが第一の説です。

3500形
引用:3500形

 もう一つの可能性としては4連に短縮改造の上で老朽化の進んでいる3500形の置き換えを行うというものです。この際に余剰車を廃車とするか先頭車化改造も行って全車有効活用するか?というのは何とも言えませんが、3500形の経年が45年以上なのに対し、3400形は25年程度。

 各客用ドア上部にLED式の車内案内表示器が設置されていることや車椅子スペースが設置されている等車内設備は3400形の方が勝るため、こちらを機器更新・先頭車化改造して使い続けるほうが乗客にとっては歓迎されると思います。何となく新車を投入した方がいいのではと考えてしまいましたが、京成電鉄はケチですからね…流石に普通列車にまで新車は回らないと考えた方がよさそうです。

まとめ

 まずは3100形の営業運転開始ということで、本当にこちらが楽しみですね。

 今後、3600形や3400形は京急線・都営線との直通運用や優等列車の運用からは退くので、こちらの姿は早めに記録しておきたいですね。特に3600形の優等列車の運用はダイヤ改正で消滅してもおかしくないので、こちらはダイヤ改正前に記録しておくことを強くお勧めします。

 

スポンサーリンク