スポンサーリンク

 現在東海道新幹線を走る700系B編成(JR西日本保有)とC編成(JR東海保有)について、12月を以て定期運用から離れ、来年3月のダイヤ改正で引退することが明らかとなりました。700系の概要や現在の状況・運用列車をまとめました。

700系の概要

700系
引用:700系

 700系は速度の遅い旧型の0系・100系の置き換えを目的として、適度の製造・保守コストで東海道・山陽新幹線全体の高速化を図るためにJR東海とJR西日本が共同で開発した車両である。最高速度は285km/hと500系 (最高速度:300 km/h) には及ばないものの、300系(最高速度:270 km/h)よりは速くなり、車内の居住性や乗り心地の改善が行われています。また充当編成変更時にも柔軟に対応できるよう300系と座席数を共通化しています。

 1997年にまず量産先行車C0編成が落成。その後走行試験等を繰り返し1999年3月より「のぞみ」で運行を開始しました。のちにJR西日本では100系V編成(グランドひかり)の置き換え用にB編成が登場し「ひかり」での運用を、0系(ウエストひかり)の置き換え用に山陽新幹線内限定運用の8両編成のE編成が登場し「ひかりレールスター」での運行を開始しています。4号車を「サイレンスカー」として運用、8号車に普通個室が4室設けられるなど、こちらもJR西日本の特徴が出た編成となっています。

 2003年の品川駅開業後はB・C編成共に、主に「のぞみ」で運用が行われ、 一部の「ひかり」と「こだま」にも使用されるようになりました。

 JR西日本保有のB編成とJR東海保有のC編成は大枠は同じであるものの、会社の違いからか、主に以下の相違点があります。

  • B編成は先頭車に「JR700」のロゴがある。
  • グリーン車の違い。B編成は座席の背面テーブルが省略されており、読書灯の操作スイッチがひじ掛け先に設けられているほか、座席もC編成は緑色なのに対してブラウン色が採用され、モケットも滑りにくいものが採用されている。また、雰囲気も照明の明るさが抑えられており、薄暗い豪華な雰囲気となっている。
  • JR東海保有のC編成は行き先表示が字幕式なのに対し、JR西日本保有のB編成は字幕にLEDが採用されている。
  • 普通車もB編成とC編成で座席の色・デザインが少し異なるほか、B編成の車端部に関しては大型テーブルとコンセントが設置されている。

N700系登場で廃車進む

N700系
引用:N700系

 しかし、2007年にN700系が登場すると、状況が一変します。N700系はまず300系と500系の置き換えを行い、2010年2月に500系が「のぞみ」運用から撤退し、300系は2012年の3月に運用を離脱してしまいます。このころになると700系の定期運用のほとんどは「ひかり」と「こだま」となり、 定期「のぞみ」の運用は全てN700系が担当することとなりました。

スポンサーリンク

 C4編成が2011年7月に廃車となったのを皮切りにC11~18編成がJR西日本に譲渡され(その後2015~17年にかけて廃車)、その後、N700系のマイナーチェンジ車のN700A系が登場し廃車が続きました。2017年春のダイヤ改正で東海道新幹線の「ひかり」運用から離脱すると、この年の9月にJR西日本のB編成にも廃車が発生し、N700A系への置き換えが進みました。

 E編成は九州新幹線の開業に伴い 、「ひかりレールスター」の運用が減少し、「こだま」の運用が増加。現在は新大阪発着の山陽新幹線列車が「さくら」・「みずほ」が主体となっていることから、一部の「ひかりレールスター」の運用を除き「こだま」での運用となっています。なお、「こだま」での運用時は8号車に設けられている普通個室は締め切り扱いとなっています。

現在の運用は?

 現在、B・C編成は以下の列車で運用されています。このほか、一部の臨時「のぞみ」で運用されることがあります。(喫煙車の有無で判別可能)

  • 東京~新大阪の「こだま」683・636・696号
  • 新大阪~博多の「ひかり」441・444号

 E編成については山陽新幹線内のグリーン車のついていない「ひかり」と「こだま」、博多南線の一部列車に運用されています。詳しくは時刻表をご覧ください。

まとめ

 ついに東海道新幹線から700系も姿を消してしまうということで、いよいよ東海道新幹線を走る列車が285キロ運転可能な列車で統一されることとなり、大幅なダイヤ改正が行われそうですね。まずはここまで過酷な日々を走り続けた700系にお疲れさまと言いたいです。最後まで何事もなく運用を終えることを願っております。

スポンサーリンク