スポンサーリンク

 真岡鉄道から東武鉄道へ譲渡されたC11形325号機ですが、12/26にSL大樹としての運行を開始することとなりました。

真岡鉄道から東武鉄道へ譲渡

 C11形325号機は1998年から真岡鉄道で「SLもおか」の運行に充当されていきましたが、乗客の減少により沿線地域で構成する「真岡線SL運行協議会」が負担する赤字額が増加し、2018年に売却が決定。入札の末に東武鉄道が落札し、今年7月に譲渡が行われました。

【真岡鐡道SL C11-325 東武鉄道譲渡 深夜の甲種輸送】今回の甲種は、なんとJR貨物 DE10-1662牽引 栗橋経由。今後の甲種は栗橋経由で行うのか?

今後は年間通してのSL運行が可能に

 C11形325号機が12/26の運行を開始することにより、東武鉄道のSLは2機体制となります。これにより、年間を通して日光・鬼怒川エリアでSLが運行することとなります。

 また、年末年始の特に需要が見込まれる期間(12/26・27、1/1~3、9~11)についてはSL大樹を4往復運行します。

 なお、C11形325号機はSL大樹1・2・5・6号で運行しますが、運行初日のSL大樹1号については一般販売を行わず関係者及びツアー参加者のみのご乗車となります。ツアーの詳細については、別途お知らせします。

列車名下今市
発時刻
東武ワールド
スクウェア
着時刻
鬼怒川温泉
着時刻
SL大樹1号9:3310:0310:09
SL(DL)大樹3号10:2910:5911:05
SL大樹5号13:0013:4113:48
SL(DL)大樹7号14:5515:2515:32
列車名鬼怒川温泉
発時刻
東武ワールド
スクウェア
発時刻
下今市
着時刻
SL大樹2号11:1011:1511:45
SL(DL)大樹4号12:5412:5913:29
SL大樹6号15:3715:4216:14
SL(DL)大樹8号16:4316:4817:18

 なお、12/26はSL大樹「イルミネーション特別運行」のため、SL大樹7号・8号は運休となります。また、SL大樹9号・10号については、ツアー列車として運行します。詳しくはこちらをご覧ください。

重連ツアー実施

 なお、運行開始に先立ち12/6に南栗橋車両管区において、現在鬼怒川線で運行しているC11形207号機との重連運転の乗車体験を実施するツアーイベントを開催します。内容はC11形325号機とC11形207号機の重連運転撮影や、乗車体験などを行います。詳しい内容は11月中旬に発表されます。

北海道から譲渡のC11形復元も

C11形SL 東武鉄道で復元へ

 なお、北海道から譲渡されたC11形についても、来年冬の復元を目指し作業が進められています。

 日本国内において唯一同一形式の車両による3機体制(1機はJR北海道から借り受け)となることから、1→2→3(ホップ、ステップ、ジャンプ)と将来に向かって更なる飛躍を車両番号で表現すべく蒸気機関車の車両番号を「C11形123号機」とします。