スポンサーリンク

 ゴールデンウィーク期間中にJR九州が在来線の特急を全て運休するという驚きの発表をしましたが、その傍らで青春18きっぷユーザーにとって難所の一つとして知られる佐伯~延岡間で臨時快速が運行され、一部の鉄道ファンから注目を集めました。どのような状況だったのでしょうか?

在来線特急の全面運休!

 JR九州は4月21日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の5月2~6日に、在来線の特急をすべて運休すると発表した。

 同社では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月13日から段階的に臨時列車を中心とする九州新幹線や在来線特急の運休計画を発表してきたが、広域移動による感染リスクが高まるGWを前に、ついに定期列車を含むすべての在来線特急(期間中1262本)を止めるという思い切った措置が採られることになった。

 この措置が他のJR旅客5社に波及するかはわからないが、仮に短期間とはいえ、JRの在来線特急がすべて止まる事態になれば、国鉄時代まで遡ると、終戦からまもない1947年以来となるだろう。

(中略)

 物不足を招いた戦後の混乱期と、新型感染症が流行している現在とを同列に語ることはできないが、在来線の優等列車を一時的にすべてストップさせるという点で、今回のJR九州の措置は、1947年の例に匹敵すると言えなくもない。

 ただし、新幹線は人命に関わる血液輸送などに使われることもあるため、全面運休は考えにくいが、赤羽一嘉国土交通大臣は4月22日に行なわれた会見で、安倍晋三総理大臣よりGW期間中の都道府県を跨ぐ人の移動を最小限にするための取組を指示されているとした上で、「JR各社の新幹線の指定席については、前年比で約10%でして、加えて新幹線の臨時便については、全て運休するという方針です」と述べており、相当な大鉈が振るわれる模様だ。

引用:JR九州、GWに在来線特急をすべて運休…優等列車が消えた1947年を思わせる 新型コロナ

 ついにJR九州はゴールデンウィーク期間中の在来線特急の全面運休を行うという前代未聞の手段を取りました。まあ、特急列車を運行していても空気を運ぶだけで赤字ばかりだったでしょうから、この措置はやむを得ないというところでしょうか。

 まあ、九州は「SunQパス」も出ているくらいの高速バス王国ですし、列車を動かすほどゴールデンウィーク期間中の流動はないと判断したものと思われます。

佐伯~延岡間は臨時快速運行

 流石に佐伯~延岡間は普通列車が1.5往復しか走っていないためこれではまずいとさすがに思ったらしく、「にちりん」のダイヤを流用する形で臨時快速が運行されました。

 臨時快速には787系4両編成が充当されました。グリーン車も普通車扱いで開放された模様です。ワンマン運転だったのでしょうか?

https://twitter.com/tori1994kapi/status/1256837684921655301

今後も一部列車を引き続き運休

 なお、今後もコロナウイルスの影響により、引き続き一部列車が運休します。詳しくはこちらをご覧ください。

 また、最新の情報はJR九州の公式HPで確認をお願いします。