スポンサーリンク

 皆様、青春18きっぷの東日本・北海道版である「北海道&東日本パス」をご存知でしょうか?青春18きっぷと比べると、フリー区間がJR北海道とJR東日本エリアに限られ、有効期間が7日間連続という制限があるものの、青春18きっぷでは使えない一部の私鉄(青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行)に乗車できたり、青春18きっぷよりも便利に北海道新幹線に乗車できるため、使い方次第では非常にオトクなこの切符を今回は紹介します。

「北海道&東日本パス」の概要

 北海道&東日本パスの概要は以下の通りです。

  • 利用期間・発売期間
    • 春季 利用期間: 3月 1日(木)~4月22日(日)(発売期間:2月20日(火)~4月16日(月))
    • 夏季 利用期間: 7月 1日(日)~9月30日(日)(発売期間:6月20日(水)~9月24日(月))
    • 冬季 利用期間: 12月10日(月)~1月10日(木)(発売期間:12月1日(土)~1月4日(金))
  • 有効期間:連続する7日間
  • 値段: 大人 10,850円,小児 5,420円
  • 利用可能な列車・路線
    • JR北海道・JR東日本・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行の普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)
    • 北海道新幹線 新青森~新函館北斗間内の相互発着に限り、別に特定特急券を購入すれば乗車可能
  • 特例で乗車可能な列車・路線
    • 奥羽本線 青森~新青森の特急列車の普通車自由席
    • 石勝線 新得~新夕張の特急列車の普通車自由席

北海道&東日本パス北海道線特急オプション券

 北海道新幹線と北海道内の特急列車に乗車できる「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」が2018年春季に初めて設定されましたが、どうやら好評だったようで、2018年夏季と冬季にも設定されました。ただし、最繁忙期には設定されないようなので、この点は注意が必要です。

  • 利用期間
    • 春季:2018年3月1日(木)~4月22日(日)
    • 夏季:2018年7月1日(日)~9月30日(日) ただし、8月1日(水)~20日(月)を除く
    • 冬季:2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木) ただし、12月28日(金)~1月6日(日)を除く
  • 発売期間
    • 春季:2018年2月20日(火)~4月22日(日)
    • 夏季:2018年6月20日(水)~9月30日(日)
    • 冬季:2018年12月1日(土)~2019年1月10日(木)
  • 有効期間: 1日
  • 効力:有効な「北海道&東日本パス」と合わせて利用することで、以下の列車・座席に乗車可能
    • 北海道新幹線 新青森~新函館北斗 相互駅間の立席(空いている座席)
    • 北海道内の特急列車の自由席
    • 1枚の「北海道&東日本パス」に対して組み合わせる枚数の上限はなし
  • 値段: 大人 6,000円,小児 3,000円

 都市間が非常に離れており、特急を使わずに移動するのは北海道においては事実上不可能といってもよい為、このオプション券は有効でしょう。ただし、1日で6千円と北海道&東日本パスの本券に比べて割高ですので、北海道のみを周遊するのであれば「北海道フリーパス」の利用を考えた方がよさそうです。

北海道&東日本パスのメリット

 北海道&東日本パスのメリットは以下の通りです。

青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行に乗車可能

 一つは、青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行に乗車できることです。

 例えば、青春18きっぷでは青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道の盛岡~八戸に乗車できないため、別途乗車券を購入する必要があります。北海道&東日本パスであればそのまま乗車可能です。盛岡~八戸は3040円かかるので、北海道&東日本パスを利用するのであれば断然お得です。

 北越急行も青春18きっぷでは乗車できませんが、北海道&東日本パスであればそのまま乗車可能です。

スポンサーリンク

北海道新幹線が使える

 青春18きっぷでは、「北海道新幹線オプション券」を購入することで、奥津軽いまべつ~木古内間の北海道新幹線に乗車できます。しかし、奥津軽いまべつ駅には津軽線の津軽二俣駅から乗り継ぐ必要がありますが、津軽線の本数が少ないため、乗り継ぎのパターンがそもそも限られてしまいますし、接続時間が長時間となってしまう場合もあります。

 一方、北海道&東日本パスであれば、別途特急券を購入すれば新青森~新函館北斗の全区間に乗車可能です。

利用可能期間の長さ

 北海道&東日本パスの大きな特徴として、利用可能期間が長いことも特徴です。夏季は7~9月の3か月間も利用できるので、青春18きっぷが利用できない9月下旬のシルバーウィークにも利用可能です。

小児用の設定

 青春18きっぷでは小児用の設定がありませんが、北海道&東日本パスでは設定されています。子供連れで旅行をするのであればよいのではないでしょうか。

北海道&東日本パスのデメリット

 北海道&東日本パスのデメリットは以下の通りです。

分割利用が不可

 北海道&東日本パスの場合「連続する7日間」という条件があります。青春18きっぷに比べると有効期間は長いのですが、分割して利用できない点は注意が必要です。

シェアするのも不可

 青春18きっぷは「5回分」になっていて、二人以上で同じ行程を旅行する場合には、1枚の青春18きっぷを2回分利用するという使い方ができます。

 北海道&東日本パスは1枚のきっぷを二人以上で利用するという使い方はできません。あくまでも1枚で1人での利用となります。

まとめ

 いかがでしたか?このきっぷを利用して旅行が楽しいものとなることを願っております。

スポンサーリンク