JR東海のフリーきっぷまとめ①
スポンサーリンク

 JR東海もフリーきっぷはいろいろと出しています。今回はJR東海管内が乗り放題になるきっぷ2種類を紹介していきます。

休日乗り放題きっぷ

 このきっぷは静岡地区を中心としたフリー区間の普通・快速列車が乗り放題となります。フリー区間は以下の通りです。

  • 東海道線:熱海~豊橋
  • 御殿場線全線
  • 身延線全線
313系2500番台
引用:313系

 このきっぷは、フリー区間内の JR東海の主な駅(国府津・甲府を除く)のきっぷうりば、JR東海ツアーズをはじめとする旅行会社の窓口で土休日及び年末年始(12/29~1/3)に発売しています。(熱海駅は新幹線乗換口のきっぷうりばに限り発売 )

 なお、このきっぷは、「青空フリーパス」の発売駅の窓口でも発売いたします。ただし、このきっぷのフリー区間入口駅(例:豊橋駅)までの他の乗車券を同時購入または提示される場合に限ります。

 値段は大人2670円、子供1330円です。片道であれば161キロ以上、往復であれば81キロ以上乗れば元が取れる計算です。

 片道161キロ以上となる主な目安は以下の通りです。

  • 熱海駅…舞阪駅(浜松駅より2つ先)
  • 松田駅…袋井駅
  • 豊橋駅…東海道線の原駅、身延線の西富士宮
  • 浜松駅…御殿場線の足柄駅(御殿場駅より1つ先)、身延線の塩之沢駅(身延駅よりも1つ先)
  • 身延駅・御殿場駅…東海道線の高塚駅(浜松駅より1つ先)

 その日のうちに往復するのであれば、81キロ以上乗ればよいです。目安は以下の通りです。

  • 熱海駅…東海道線の用宗駅 (静岡駅より2つ先)、身延線の甲斐大島駅(身延駅の1つ前)
  • 松田駅…東海道線の由比駅、身延線の富士宮駅
  • 豊橋駅…金谷駅
  • 浜松駅…草薙駅(静岡駅より2つ先)
  • 静岡駅…東海道線の高塚駅(浜松駅より1つ先)、身延線の身延駅、御殿場線の御殿場線の足柄駅(御殿場駅より1つ先)
  • 身延駅…東海道線の熱海・静岡駅、御殿場線の岩波駅
  •  

ホームライナーの利用もおすすめ

373系

 土休日にも数は少ないですが、373系で「ホームライナー」が運行されています。これに乗れば、車内はリクライニングシートですからロングシートより数段快適に移動できます。乗車には乗車整理券320円が必要です。

  • ホームライナー静岡31号:沼津7:30→静岡8:16
  • ホームライナー浜松3号:沼津18:31→浜松20:10
  • ホームライナー沼津2号:静岡7:00→沼津7:41
  • ホームライナー静岡34号:浜松7:04→静岡8:04
  • ホームライナー静岡36号:浜松8:29→静岡9:28
  • ホームライナー沼津8号:静岡20:20→沼津21:01

静岡・浜松方面から東京へ行くのに有効活用

 上に書いたとおり、往復する場合81キロ以上のればお得なので、東京へ行くにも有効活用できます。

新松田駅
引用:新松田駅

 御殿場線の松田駅が小田急線の新松田駅に隣接していますので、小田急を利用して新宿まで行くことができます。ICカードを利用した場合の運賃は片道772円なので、4214円あれば静岡地区から往復できます。

 ただし、 御殿場線は列車の本数が少ない(1時間に1~2本)ので乗り継ぎの際には注意しましょう。また、東海道線の静岡地区は基本的にロングシートなので、我慢しましょう。

熱海・静岡地区から名古屋へ

313系5000番台
引用:313系

 島田駅より静岡方面よりの駅から名古屋へ往復するのであればこのきっぷで豊橋駅前で向かい、豊橋駅で「名古屋往復きっぷ」を購入するのがベストです。土休日用は往復で1540円ですから、何と単純に切符を買うより4割以上も安くなります。豊橋~名古屋間の快速列車は15分間隔で走っていますし、転換クロスシート装備なので快適に移動できます。

スポンサーリンク

 なお、「名古屋往復きっぷ」で新幹線を利用したい方は新幹線変更券を別途購入する必要があり、片道あたり390円(土休日)です。

 注意点として、「名古屋往復きっぷ」では乗り越し清算ができないことを挙げておきます。名古屋・豊橋から先へ行くには一度途中下車する必要があります。

青空フリーパス

このきっぷは名古屋地区を中心としたフリー区間の普通・快速列車が乗り放題となります。フリー区間は以下の通りです。

青空フリーパス フリー区間

 このきっぷは、 このきっぷの出発駅及び周辺のJRの主な駅及び主な旅行会社の支店・営業所で土休日及び年末年始(12/29~1/3)に販売します。

 なお、 このきっぷは、「休日乗り放題きっぷ」の発売駅の窓口でも発売します。ただし、このきっぷのフリー区間入り口駅(例:二川駅)までの乗車券類を同時購入または提示される場合に限ります。

 値段は大人2570円、子供1280円です。 片道であれば141キロ以上、往復であれば71キロ以上乗車すれば元が取れます。とはいえ、これだけフリー区間が広いので、条件を満たすことは難しくないでしょう。

快速みえ

 まずおすすめしたいのはお伊勢参りでしょうか。名古屋から伊勢市までで十分に元が取れます。もちろん、フリー区間内であればどこから乗ってもよいので、名古屋より遠くから乗ればよりお得になります。

213系
引用:213系

 飯田線も飯田駅までフリー区間内に入っているので、小和田駅などの秘境駅巡りに使うことも可能です。ただし、飯田線は本数が少ないので注意が必要です。

まとめ

 今回はJR東海の2種類のフリーきっぷを紹介しました。どちらもかなりフリー区間が長いので、とくに後者は本当にJR東海に利益が出ているか心配なレベルです。このきっぷで旅をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク