スポンサーリンク

 JR東日本は鉄道開業150周年を記念してJR東日本と私鉄7社の新幹線や特急などが3日間乗り放題となる「JR東日本パス」をえきねっとで発売することを明らかにしました。一体どのようなものなのでしょうか?


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

JR東日本が新幹線・特急乗り放題の「JR東日本パス」を発売!

【新青森東京3時間】東北新幹線はやぶさ最速達便 38号に乗車 青森駅→東京駅 12/5-01

「鉄道開業 150 年」を記念し JR 東日本全線、その他鉄道路線(7社)の列車が3日間乗り降り自由となるきっぷを発売します。

  • 商品名:鉄道開業 150 年記念 JR 東日本パス
  • 価 格:大人 22150 円、こども 10150 円(税込)
  • 利用期間:10/14~27
    • ご利用開始日の 1 か月前から販売
  • 有効期間:連続する3日間
  • 販売方法:「えきねっと(Web)」限定販売。駅やみどりの窓口での販売は行いません。
  • 利用内容:フリーエリア内の JR 東日本全線、青い森鉄道線、IGR いわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線、えちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)の特急(新幹線を含む)・急行・快速列車の普通車自由席および JR 東日本が運行するBRTが3日間乗り降り自由。
    • 予め座席の指定を受ければ、新幹線・優等列車の普通車指定席に4回まで乗車可能です。
    • 定められた回数を超えて、または座席の指定を受けずに乗車した場合は運賃のみ有効となり、別に無割引の特急券等が必要です。
    • 座席未指定券制度を導入している列車についても、座席の指定を受けずに乗車した場合は運賃のみ有効となり、別に無割引の特急券等が必要です。
    • 富士急行線内で運転する「フジサン特急」・「富士山ビュー特急」の1号車、「富士登山電車」(当面の間運休)、三陸鉄道内のみで運転する列車の指定席に乗車する場合も別途料金が必要です。
    • 以下の場合は全車指定席の列車でも指定席の利用回数に数えることなく普通車の空いている席を利用できます。
      • 「はやぶさ」「はやて」の盛岡~新青森間相互発着
      • 「こまち」の盛岡~秋田間相互発着
      • 「つばさ」の福島~新庄間相互発着
      • 仙台~盛岡の途中駅に停車する「はやぶさ」・「はやて」・「こまち」の盛岡~秋田間相互発着

使い方によってはかなりお得に!

 今回のきっぷは新幹線も乗り放題ですので、使い方によってはかなりお得になります。新幹線が乗れる割に金額がそこまで高くないですので、単純に往復するだけでも得をすることは多そうですね。参考までに東京駅から新幹線で往復した場合の金額を載せておきます。なお、「お先にトクだ値」は13日前までに購入が必要です。

路線区間通常料金お先にトクだ値備考
東北新幹線東京~仙台21780円14140円やまびこ利用
東京~盛岡29620円22200円はやぶさ利用
東京~新青森34940円26180円はやぶさ利用
秋田新幹線東京~秋田35640円23140円--
山形新幹線東京~山形22500円14600円--
東京~新庄25600円16620円--
上越新幹線東京~新潟21120円13700円--
北陸新幹線東京~長野16280円10560円あさま利用
東京~上越妙高18480円12900円はくたか利用

全車指定席の特急に注意!

 JR東日本の新幹線・特急列車は全車指定席で運行されることが多く、以下の列車が該当します。

  • 新幹線
    • はやぶさ
    • はやて
    • こまち
    • つばさ
    • かがやき
  • 在来線特急
    • 成田エクスプレス
    • 踊り子
    • あずさ
    • かいじ
    • 富士回遊
    • ひたち
    • ときわ 

 新幹線の場合は東北新幹線系統の場合「はやぶさ」・「はやて」の盛岡~新青森間(仙台~盛岡間で途中停車駅がある場合は仙台~盛岡間も)、「こまち」・「つばさ」の秋田・山形新幹線内相互間は指定を受けなくても乗車が可能という救済措置があり、北陸新幹線の「かがやき」の場合も「はくたか」・「あさま」に乗車すれば問題はないわけですが、在来線特急で全車指定席の列車の場合はどうなるのか。

 新幹線・特急列車に乗り放題となっている「大人の休日倶楽部パス」と同じルールが適用されると仮定した場合、全車指定席の在来線特急へ乗車するとなると指定席の使用権を行使する必要が出てきます。そうなると、場合によっては4回では足りないという可能性も出てきますので、どの列車で指定席を取るか?はよく考えた方がよいでしょう。

このきっぷのモデルルートは?

 この切符の最大の強みは新幹線や特急に乗り放題なところですから、それを生かすのが一番いいのではないでしょうか。

 1例としては日帰りのパターンを。「はやぶさ」で青森へ向かい、青森で昼食をとったのち「リゾートしらかみ」に乗車、秋田発最終の「こまち」で東京へ戻るパターンです。

  • 東京 8:20→新青森 11:20 はやぶさ7号
  • 新青森 11:36→青森 11:42
  • 青森のっけ丼」を昼食に
  • 青森 13:51→秋田 19:01 リゾートしらかみ4号
  • 秋田 19:10→東京 23:04 こまち48号