スポンサーリンク

皆さん、もう青春18きっぷでどこへ行くか決めていますか?それとも、行き当たりばったりのぶらり旅でしょうか?実は青春18きっぷの場合はグリーン車自由席ならグリーン券を購入すれば乗車する事が出来ます。(グリーン車指定席は不可)今回は青春18きっぷの旅の強い味方であるグリーン車の乗車方法について取り上げます。

首都圏の場合

グリーン車が連結されている列車は?

以下の線区の普通列車であれば、一部の列車を除き基本的には1列車につき2両のグリーン車が連結されています。

  • 東海道線
  • 総武快速線(一部成田線・内房線・外房線への乗り入れあり)
  • 横須賀線
  • 高崎線
  • 宇都宮線
  • 常磐線(普通列車のみ)
  • 上野東京ライン
  • 湘南新宿ライン

乗車料金と購入方法

乗車料金は以下の通りです。なお、車内で購入した場合はこの料金に260円加算されますので必ず事前に購入してください。

乗車距離 平日 土休日

50キロ未満

      770円

570円

     
50キロ以上 980円 780円

購入場所についてですが、改札内にあるグリーン券販売機で購入する場合Suica・PASMO・Kitaca・TOICAの何れかを持っていないと購入できません。意外ですが、関西のICOCAPitapaなどは一切使えないため注意が必要です。このような場合、一度改札を出て改札外の券売機で購入を行う必要があります。または、モバイルSuicaに対応する端末を所有してアカウントも持っているのであれば、モバイルSuicaでの購入も可能です。

スポンサーリンク

グリーン車の同一方向への乗り継ぎも可能

首都圏のグリーン車の大きな特徴として、”1枚のグリーン券で同一方向への乗り継ぎが可能”というのがあります。以下の例が可能です。

  • 高崎線⇔東海道線
  • 宇都宮線⇔東海道線
  • 常磐線⇔東海道線(上野東京ラインのみ)
  • 東海道線⇔総武快速線
  • 東海道線⇔横須賀線
  • 高崎線⇔横須賀線
  • 宇都宮線⇔横須賀線
  • 常磐線⇔横須賀線(上野東京ラインのみ)

ライナー列車のグリーン車も利用可能

 湘南ライナーなど東海道線のライナー列車のグリーン車は自由席なので、この場合も青春18きっぷ+グリーン券の組み合わせで乗車できます。普通列車のグリーン車とは違った185系や251系のグリーン車に乗ってみるのもいかがでしょうか?

注意:青梅ライナー、中央ライナーのグリーン車は指定席なので乗車不可です。

首都圏以外のグリーン車

 篠ノ井線の快速電車に一往復だけグリーン車を連結した列車があります。日中は特急「あずさ」で運用されているE257系を長野駅まで回送するついでに旅客輸送もしている格好ですね。

 

スポンサーリンク