スポンサーリンク

皆さん、青春18きっぷをご存知ですか?この切符は春・夏・冬の特定の期間しか販売されませんが、5日間JR各線の普通・快速列車の自由席に乗り放題で1万1850円というとてもお得なきっぷです。5日間も使わないよ、という人も金券ショップやオークションサイトでばら売りしているものを買って使う人も多いと思います。今回は比較的需要が多そうな、東京―大阪を移動する際のポイントを取り上げてみたいと思います。

移動時間は?

休みなしで乗り継いでいっても9時間程度はかかります。大垣ー米原間は30分間隔でしか電車が走っていませんが、幸いほかの区間は列車の本数が確保されているので大きな駅で休憩しつつ乗り継いでいくとよいのではないでしょうか?

混雑は?

まず問題になるのは、いわゆる「関ケ原越え」と呼ばれている大垣ー米原間です。クロスシートなので座れれば快適な旅となりますが、列車の編成が短く日中でも混雑します。朝晩は豊橋方面と直通運転を行っているため、そちらを利用する方が得策ではないでしょうか?どうしても日中に座っていきたい場合は1本遅らせることも検討してください。

もう一つの難所は「箱根越え」、熱海駅での乗り換えです。下りの場合東京方面の列車が10両or15両であるのに対し静岡方面に向かう列車は3両や5両という非常に短い編成であるためです。静岡地区の普通列車はホームライナーを除いてロングシートであることがほとんどなので、座席数が少なく混雑するので気を付けましょう。朝夕のみ東京方面からの列車がそのまま沼津まで直通してくれるものがありますので、うまく使えるとよいですね。また、熱海から浜松まで直通する列車も多くはありませんが存在するため、そのような列車にうまく乗れるとよいでしょう。

食事はどうするか

食事は乗換駅で、なおかつ始発列車が多く出ていたり、列車の増結を行う駅でとるのがよいのではないでしょうか。おすすめは静岡・浜松・豊橋・米原あたりでしょうか。

モデルルート

これらのことを踏まえて、いくつか乗り継ぎのパターンを考えていきます。

1 乗り換え回数最小

東京ー大阪間を日中に乗り継いでいく場合の最小乗り換え回数は以下に示すように3回です。ただし休日ダイヤの場合しか成立しません。

 

 乗り継ぎ駅 着時刻 発時刻
東京   1157
熱海 1356 1413
浜松 1657 1703
米原 1939 1953
大坂 2117  

2 ホームライナー

東海道線の静岡地区は朝晩のみ座席定員制のホームライナーが走っています。うまく乗れればロングシートを回避して快適なリクライニングシートに乗れるのですが、東京から大阪へ行く場合にはほとんど使えません。(逆方向の場合は使える)

 中央線経由

東海道線経由ですと、どうしてもロングシートに乗る時間が多くなってしまいます。距離的には遠回りになってしまいますが、ホリデー快速ビューやまなしとナイスホリデー木曽路を利用すれば乗り継ぎ回数を少なくして行く事が出来ます。ただし、ホリデー快速ビューやまなしもナイスホリデー木曽路も臨時列車ですので運転日には注意してください。

スポンサーリンク

【追記】春の青春18きっぷ期間中にはホリデー快速ビューやまなしは土休日に運行されますが、ナイスホリデー木曽路が運行されないのでこの手は使えませんね。残念です。

スポンサーリンク