スポンサーリンク

 JR東日本などが新たにインターネット予約サイトで予約しICカードで乗れるようにするサービスを2019年度末までにスタートすることがわかりました。

ニュース

 JR東日本・JR北海道・JR西日本は5日、新幹線の指定席または自由席をインターネット予約サイトで予約し、交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチして利用できる新たな新幹線IC乗車サービスを2019年度末を目標に導入すると発表した。
 サービス提供区間は「東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線全区間の停車駅相互間」。PC・スマートフォンなどから予約サイト「えきねっと」(JR東日本・JR北海道)または「e5489」(JR西日本)にて指定席・自由席を予約・購入する際、手持ちの交通系ICカードを登録し、乗車時にカードを自動改札機にタッチすることで、駅の窓口や券売機に立ち寄ることなくチケットレス&スピーディに新幹線を利用できるようになる。
 利用可能な交通系ICカードとして「Suica」「Kitaca」「ICOCA」が予定されており、同一列車・同一行程なら、1回の予約で6名までIC乗車サービスを利用可能。「小児のお客さまも同様にIC乗車サービスをご利用いただけます」とのこと。予約サイトでは運賃と料金が一体となった新幹線専用商品を発売するとしている。
 具体的なサービス開始日や価格、「Suica」「Kitaca」「ICOCA」以外の交通系ICカードの利用などについては決まり次第、改めて発表される。なお、新たな新幹線IC乗車サービスの導入に合わせ、JR東日本「モバイルSuica特急券」はサービス提供を終了する。
出典:マイナビニュース

切符レス化がますます進む

 今回のサービスが開始されれば、ますます窓口や指摘席券売機で切符を買うことは無くなり、切符レス化が進みますね。インターネット環境は必要ですが、インターネットで事前予約してさえおけば手持ちのICカードで乗れるというのは便利ですね。今後はこちらが主流になるのでしょうか…

 なお、JR東日本は今年の4月から、東北・上越・北陸新幹線の一部区間で交通系ICカードのチャージ残高があれば、事前購入する事なく普通車自由席の利用が可能となる「タッチでGo! 新幹線」の提供が開始されています。

 その一方で、現在携帯電話やスマートフォンで利用できるチケットレスサービス「モバイルSuica特急券」はサービスの提供が終了します。提供が開始される新サービスへ一本化するのでしょうね。

他の路線にも波及するか?

 今回はJR東日本の新幹線でサービスの開始が予定されていますが、注目は東海道新幹線などほかの新幹線でもこのようなサービスが開始されるかどうかという所でしょうか。もしも、東海道新幹線でもサービスが開始されれば、ビジネスマンや観光客からは歓迎されるでしょう。今後の他社の動きにも注目したい所ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク