スポンサーリンク

 昨日から本日にかけて只見線で使用されていたキハ40系が小湊鉄道への譲渡のため甲種輸送が行われています。しかし、緊急事態宣言が解除されていない状況下でまたしても撮り鉄が集結し、船橋法典駅では警察が出動する騒ぎにもなりました。今回は甲種輸送の様子や5月に撮り鉄が起こした事件などをまとめました。

キハ40譲渡の経緯

 キハ40系譲渡の経緯については上の記事で取り上げていますので、そちらをご覧ください。

 また、キハ40系譲渡の情報漏洩が原因なのか?小湊鉄道の公式Twitterの担当者が電撃解任される事態も起きています。これに関しては既に上の記事でとりあげていますので、そちらをご覧ください。

各地で撮り鉄の密集が発生…

 久々のネタ列車だったためか?撮り鉄の方々が撮影地に密集していました。天気はあいにくの曇り空でしたが、もし晴れていたらもっと集まっていたのかもしれません。

船橋法典駅では警察が出動…

 船橋法典駅では警察が出動する騒ぎになりました。どうも場所取りで言い争いになり警察が呼ばれたそうですが、その後も言い争いは続き、最終的には警察に連行された模様です。

千葉貨物駅でもパトカー出動

 なお、千葉貨物駅でも地域住民からの通報があり、警察が出動する騒ぎとなりました。なお、こちらは事件性なしとのことで、パトカーは無事撤収しています。

ルール違反も散見

 この他にも三脚や脚立を使う方も多く、黄色い線からはみ出して撮影している方もいたようです。この方たちにはルールを守れと言っても全く効果が無いようです…

撮り鉄の5月の不祥事

 撮り鉄の不祥事をまとめようと思ったのですが、あまりにも件数が多すぎるので5月の件だけにしておきます。

 本当に呆れてものが言えませんね。撮り鉄の方々は「自粛」という言葉がわからないのでしょうか?本当に知能は障害者小学生並みですね…

 これで新型コロナウイルス感染者が増えたらまた緊急事態宣言解除が伸びることになります。下手したら、これがクラスター発生の要因と見做されて撮影地が封鎖される可能性も否定できません。少しは自重して頂けないものでしょうかね…?