スポンサーリンク

 前回、「京王観光、マルス召し上げ」という記事を書きましたが、今回はその京王観光に関する続報です。

JR各社は損害賠償を請求

 京王電鉄子会社の旅行会社「京王観光」の一部支店が、実際より少ない乗車料金をJRに支払う不正を行っていた問題で、JR6社の被害総額が計約6000万円に上ることが24日、わかった。6社は京王観光に対し、被害額の3倍にあたる約1億8000万円の損害賠償を請求した。

 関係者によると、発覚した不正では、支店に設置されたJRの発券機で団体旅行の切符を発券する際、料金がかからずに席だけ確保する切符を含める手口で、実際より少ない人数分の乗車券を発券。客が支払った旅行代金との差額を不正に得ていた。不正は大阪市内の2支店や福岡支店で行われていた疑いがある。昨年6月の発覚後、同社やJRが被害額などを調査していた。

 JR6社は損害賠償請求と同時に、京王観光との発券業務委託の契約も今月19日付で解除。同社の各店舗は今後、JRの乗車券や特急券を原則販売できない。

 京王観光は「ご迷惑をおかけし、深くおわびする。管理体制の強化や社員教育など、再発防止に努めていく」としている。

引用: 京王観光不正、JR6社の被害総額6000万円

損害賠償額は3倍だけ?

 個人的には損害賠償が被害総額の3倍だけというのは甘いのではないかと思ってしまいました。個人がキセルをした際は3倍額を徴収するというので今回もそれにのっとって3倍額を請求したのでしょうが、 会社ぐるみの不正ということで、個人での不正乗車よりもはるかに悪質ではないでしょうか。JR各社はもっと京王観光に損害賠償を吹っかけてもいいんじゃないでしょうか?

 それに、刑事告発はしないようですが、これもかなり甘いと思います。キチンと刑事告訴して徹底的に調べたほうがよいと思いますが…

マルスはやはり没収に

 こちらは当然といいますか、 JR各社は損害賠償請求と同時に、京王観光との発券業務委託の契約を今月19日付で正式に解除しました。今後、京王観光ではJRの乗車券や特急券を販売できなくなりました。まあ、自業自得ですね。

今後はどうなる?

 京王観光はJRの絡むツアーや修学旅行などを取り扱えなくなってしまいましたし、何より今回の一件で信用を失墜させてしまいました。

 正直、あまりいい未来は見えてこず、他社への身売りか、最悪倒産ということになってしまいそうです…

追記:社員による着服もあった模様

 京王電鉄子会社の旅行会社「京王観光」の支店が、団体旅行で実際より少ない乗車料金をJRに支払う不正を行っていた問題で、同社は25日、大阪支店など3支店の計12人が関与し、不正に得た利益が約10年で約6000万円に上ると明らかにした。うち4人は計約230万円を私的に着服していた。同社は関与した社員に解雇を含む処分を行う。

 同社によると、不正は大阪、大阪西(大阪支店に統合)と福岡支店で2007年から18年まで行われた。

(中略)


 主な動機は利益目標の達成で、特に大阪の2支店では「東京に数字で負けたくない」という風土があったという。着服は、利益目標を超えた際に「少しくらいはいいだろう」と考えて行われていたという。福岡支店では大阪から異動した社員が不正行為をしていた。今後、大阪支店は閉鎖する。

(後略)

引用: 京王観光の不正、動機は「東京に負けたくない」

 もう、最悪ですね。着服まであったとは… さすがに観光庁も何らかの処分を検討しているでしょう。「 解雇を含む処分 」とありましたが、当然刑事告発するんですよね?というより、しなかったらまずいでしょう…

まとめ

 今回は京王観光がマルスを没収されて損害賠償を請求されましたが、他の旅行代理店でもこういうことが行われていないか?というのを、これを機に調べたほうがよいのではないでしょうか。正直、京王観光だけではないのではないか?と思うのは私だけではないでしょう…   

スポンサーリンク
スポンサーリンク