スポンサーリンク

 青春18きっぷの利用期間が間もなく始まりますが、どこへ行こうか迷っている方も多いのではないでしょうか。特に宿は直前ですと希望の場所がとれず高いところへ宿泊せざるを得なくなってしまい、断念せざるを得ないといったことも起こりそうです。

 また、夜行快速列車の運行もめっきり減ってしまったため、どこで夜をすごすか迷う方も多いと思います。今回はそういう時のために役に立つ東日本方面の夜行フェリーを取り上げていきたいと思います。

東北⇔北海道

青森~函館

  津軽海峡フェリーと青函フェリーの二社が運航しています。運賃は青函フェリーの方が安いですが、客室が基本的にカーペット敷きのみなので、津軽海峡フェリーの方は以下のビデオでもわかる通り設備が充実しているようです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 宿代わりに使える夜行フェリー東日本編

 乗船場所ですが、青森港・函館港ともに鉄道の駅から結構距離があるので乗船する際は注意が必要です。また、早朝・深夜に乗船する場合フェリーターミナルのレストラン・売店が営業していないので、近くのコンビニで飲み物や食べ物は調達する必要があります。

 青函フェリーのダイヤはこちらをご覧ください。

 津軽海峡フェリーのダイヤはこちらをご覧ください。

 また、津軽海峡フェリーはお得なバスセット商品を販売しています。例えば、盛岡函館きっぷは津軽海峡フェリーとあすなろ号に乗車出来て5000円という大変お得なセットです。盛岡~八戸間は青春18きっぷで移動できないので、南東北を南下したり、南東北から北海道へ向かう人にとっては利用価値は高いのではないでしょうか。

八戸~苫小牧

 先のものより乗船時間が長くなりますが、その分船舶の設備は充実しています。浴室や24時間営業のオートレストランもついており、くいっぱぐれる心配もないですし、展望浴室(べにりあ除く)で一日の疲れを癒すことも可能です。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 宿代わりに使える夜行フェリー東日本編

 港へのアクセスですが、八戸港フェリーターミナルには本八戸駅から、苫小牧フェリーターミナルには苫小牧駅から其々シャトルバスが運行されています。

 ちなみに札幌へ向かう方は「札幌-八戸なかよしきっぷ」の利用がお勧めです。この切符を使うと2等運賃に400円の追加で札幌~苫小牧の高速バス「とまこまい号」が利用できます。

 この切符の購入は八戸フェリーターミナルまたは札幌側のバスターミナルで購入できます。ただし、札幌側のバスターミナルは19時までしか空いていないため、札幌駅21時発のバスを使う場合には事前に購入を済ませておく必要があります。

 また、差額を払えば利用する船室のグレードアップも可能です。ただしこの切符を使う場合にはネット予約が使えず、電話予約しかできませんので注意してください。

 運航ダイヤはこちらをご覧ください。

宮古~室蘭

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 宿代わりに使える夜行フェリー東日本編

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 宿代わりに使える夜行フェリー東日本編

 今年の6月に就航しました。室蘭→宮古の夜行便は青春18きっぷユーザーが宿代わりに利用することができます。運航ダイヤは以下の通りです。

 宮古発08:00 → 室蘭着18:00
 室蘭発20:00 → 宮古着翌日06:00

 今年6月にこの路線に就航した「シルバークイーン」の設備も充実しています。展望浴室があるので疲れをいやす事が出来ますし、24時間営業のオートレストランがついているため食事を取れないという心配もありません。

 また、シルバーフェリーと道南バス株式会社は室蘭⇔宮古間のフェリー就航にあわせ「札幌・宮古なかよしきっぷ」を発売しています。宮古港~札幌駅で片道大人6800円、子供3400円です。大人の場合、フェリーの2等正規運賃に800円を足せば、室蘭~札幌のバス「高速白鳥号」に乗車できることになるので大変おトクです。詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

 「高速白鳥号」とフェリーの乗り継ぎは以下の通りです。

 宮古港発08:00→18:00室蘭港18:25→20:58札幌駅前着
 札幌駅前発16:00→18:35室蘭港20:00→06:00宮古港着

 また、「札幌・宮古なかよしきっぷ」を所持している人は、宮古~盛岡を結ぶ「106急行バス」も割引運賃で乗車できます。割引後の価格は、大人1800円、子供900円です。

 室蘭~宮古の夜行便を使えば宮古9:25発の快速「リアス」に乗り継ぎ盛岡駅から南下していけば当日中に東京へ向かうことができます。さらに「ムーンライトながら」に乗り継いで更に西へ向かうことも可能です。

まとめ

 いかがだったでしょうか?「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を使えば奥津軽いまべつ~木古内間で新幹線に、木古内~五稜郭間で道南いさりび鉄道に各々乗車乗車する事が出来るため北海道に行くことは可能なのですが、接続が悪いためあまり現実的ではありません。今回取り上げたフェリーを使えば移動が楽なだけではなく宿代の節約もできるため一石二鳥なのではないでしょうか?北海道に青春18きっぷを使って旅行へ行くという方はぜひこういうルートも検討してみてください。

 

スポンサーリンク