スポンサーリンク

 青春18きっぷや北海道&東日本パスで東京から仙台・盛岡へ向かう際の乗り継ぎのポイントや食事をどこでとればよいかなどのポイントをまとめました。

東京から盛岡へ行くには?

 東京から盛岡へ普通列車を乗り継いでいくと、半日程度かかります。東北本線をそのまま北上するのがいいでしょう。以下が乗り継ぎの一例となります。

乗り継ぎ時刻

 乗り継ぎ駅は大きな駅が多いので、コンビニや駅弁屋など食料の確保には困らないでしょう。ただし、新白河以北の東北本線の列車には701系が充当されていることもあり(仙台以北は701系が多い)、ロングシートでの移動が多くなります。この点は我慢するしかありません。

東京から仙台へ行くには?

 東京から仙台へ東北本線を北上するのであれば、7時間程度で行くことができます。ただし、乗り換え回数が多いのがデメリットです。

水郡線
引用:キハE130系

 まずお勧めするのは水郡線の利用です。 「奥久慈清流ライン」 の愛称が示すように、路線の大半を久慈川に沿って走ります。 全線を走破する列車の本数は少なく、乗車には3時間ほどかかってしまいますが、車窓を見ていて飽きることはないでしょう。乗り継ぎ例は以下の通りです。

  • 東京 10:46発→水戸 12:58着(グリーン車は土浦までの連結)
  • 水戸 13:15発→郡山 16:25着
  • 郡山 16:45発→福島 17:32着
  • 福島 17:25発→仙台 18:58着
磐越東線
引用:磐越東線

 あまり利用者はいないかもしれませんが、ローカル線の1つである磐越東線の乗りつぶしをついでに行うというのもお勧めです。乗り換え例は以下の通りです。

スポンサーリンク
  • 上野 8:45発→水戸 10:57着(土休日運休
  • 水戸 11:10発→いわき 12:37着
  • いわき 13:13発→郡山 14:48着
  • 郡山 14:53発→福島 15:40着
  • 福島 15:45発→仙台 17:09着

 また、常磐線の全線開通は2020年の春ごろを予定していますので、全通したら乗り換えの回数が少ない分、仙台へ行くにはこちらの方が便利でしょうね。

仙台・盛岡から東京へ行くには?

 盛岡駅から東京駅まで普通列車で行く場合、13:09発の一ノ関行までに乗れれば青春18きっぷ1日分で東京駅までたどり着けます。(大宮までで良ければ1本後の14:09発一ノ関行でOK)

 仙台駅から東京駅まで普通列車で行く場合はもっと遅くまで仙台に滞在できます。仙台駅を17時に出発する列車に乗ればよいです。乗り継ぎは以下の通りです。仙台駅で事前に夕食を買っておくのが一番良いでしょう。

  • 仙台 17:01発→福島 18:22着
  • 福島 18:50発→新白河 20:23着
  • 新白河 20:28発→黒磯 20:51着
  • 黒磯 21:15発→宇都宮 22:13着
  • 宇都宮 22:19発→上野 0:01着
  • 上野 0:05発→東京 0:13着

 郡山から水郡線に乗る場合は水郡線の水戸行の終電が郡山18:19発ですので、これに間に合う必要があります。

  • 仙台 16:06発→福島 17:20着(仙台シティラビット6号)
  • 福島 17:24発→郡山 18:12着
  • 郡山 18:19発→水戸 21:43着
  • 水戸 21:56発→上野 23:42着

まとめ

 いかがでしたか? この情報が青春18きっぷや北海道&東日本パスの旅行者の役に立てば幸いです。

スポンサーリンク