スポンサーリンク

 水戸線ワンマン化の話は昨年から出てきていましたが、ついに具体的な話が出てきました。来春までにE531系0番台についても一部編成にワンマン化対応工事を施工し、水戸線の全列車をワンマン化するとのことで、計画等をまとめました。

水戸線ワンマン化へ

E531系
引用:水戸線

 水戸線の列車は昨年E531系5両編成での運行に統一されています。今回、E531系3000番台7本だけではなく、0番台の付属編成の内7本についてもワンマン化工事を行い、水戸線でのワンマン運転を行うこととなりました。対象は水戸線の全列車で、常磐線に乗り入れる列車についても対象になるとのことです。

 なお、ワンマン運転といっても、車側カメラと運転席内に備え付けられたモニターを利用し、車内での整理券の発行や運賃収受は行わない「都市型ワンマン」にするものと考えられます。実際、水戸線は全駅がSuicaエリアとなっており、この点では問題がないものと思われます。

 安全面についても、殆どの駅が直線ホームであり、曲線にある駅でも内方カーブであるため視認性は確保できるとの認識を示しています。

 水戸線も朝夕の学生の利用が多い一方、観光需要等は多くないという典型的なローカル線のため今回の判断に至ったものと思われます。なお、今回のワンマン化に伴う減便は大きくは行わないと現時点では表明しています。

他路線でもワンマン化進む

 他路線でもワンマン化の動きはあり、内房・外房線の末端区間と鹿島線については新車を導入してワンマン化を行うことがすでに判明しています。

 また、八高線でも209系・E231系にワンマン化改造を行いワンマン化を行う話が持ち上がっています。こちらに関しても要注目ですね。

 E531系付属編成のワンマン化工事が進展すれば、常磐線いわき~原ノ町間のワンマン化も可能性としてはありそうです。

肯定的な反応多し

 今回のワンマン化に関しては既に予測していた人も多かったのか、おおむね肯定的な意見が多かったと言えます。