スポンサーリンク

 7/4に熊本県で降り続いていた大雨の影響で球磨川が氾濫し、鉄道にも大きな被害が出ました。現在の状況はどうなっているのでしょうか?

球磨川氾濫で大きな被害

 3日夜から4日にかけて降り続いた記録的な大雨により、甚大な被害が出ている熊本県では、これまでに5人の死亡が確認され、16人が心肺停止となっている。

活発な梅雨前線により、3日夜から記録的な大雨が降り続いた九州。 熊本県では、天草市牛深で1時間に98mm、芦北町で86.5mmなど各地で猛烈な雨が降り、河川の氾濫や土砂災害など大きな被害が出ている。

4日午前6時半ごろ、熊本・八代市で橋が崩壊した。 近所の女性「橋なくなっちゃったの? もう大変! こんなになるとは思わなかった」 熊本県によると、この大雨の影響で球磨川が氾濫した球磨村では、特別養護老人ホーム「千寿園」が一時浸水し、入所者ら14人が心肺停止、3人が低体温症の状態で見つかった。

このほか、芦北町や津奈木町などでは大規模な土砂崩れが発生し、住人が巻き込まれる被害も出ている。

FNNのまとめでは、これまでに県内で5人が死亡、16人の心肺停止が確認されているほか、5人が行方不明、2人が安否不明となっている。

球磨川には、5日午前6時現在も警戒レベル5の「氾濫発生情報」が出されていて、引き続き土砂災害や河川の増水・氾濫に厳重な警戒が必要となる。

引用:熊本5人死亡 16人心肺停止 大雨で河川氾濫や土砂崩れ

鉄道なども運転見合わせが相次ぐ

 この影響で鉄道やバスにも大きな被害が出ています。

https://twitter.com/oogzk/status/1279301522820497408

車両も水没…

 この影響で人吉駅なども水没し、くま川鉄道は全車両が水没、列車の運行は当面厳しい状況となっています。

 また、JRも元なのはなDX車両が水没し話題となっていました。肥薩線も路盤や橋梁の流出が相次いでいるため復旧には年単位を要する模様です。また、近隣の道路にも被害が相次いでいるため、バス代行も厳しい状況となっています。

 肥薩おれんじ鉄道も現在八代~出水間で運転を見合わせています。海浦駅~佐敷駅間については特に被害が甚大で、復旧には相当な時間を要する見込みとのことです。

久大本線なども不通に…

2020年7月・九州豪雨での新たな鉄道被害状況

 その後の大雨で久大本線の野上川橋梁(豊後中村駅~野矢駅)でも鉄橋が流され、長期不通となる見込みです。

 このほか日南線の南郷~志布志、鹿児島線の川内~鹿児島中央・荒尾~植木で土砂の流入・路盤流出が確認され当面の間運転を見合わせる模様です。

肥薩線はバス転換の可能性も?

 ただ、肥薩線が復旧されるかというと、確信をもってはいえない状況です。観光列車等が走っていて華やかなようですが、利用状況は芳しくなく、全区間が1日平均利用者数1000人未満となっています。

  • 八代―人吉間:455人
  • 人吉―吉松間:105人
  • 吉松―隼人間:656人

 ここまで少ないとなると、日田彦山線のようにBRTで代替するという可能性もあり得ない話ではなくなってきます。

 果たしてJR九州が復旧するのか、国や熊本県・沿線自治体がどのくらい復旧費用を負担するのかにかかってきそうですね。