スポンサーリンク

 昨日、総武快速・横須賀線E235系が11運用に入り、成田空港・成東へ営業列車で初入線を果たしました。また、同日にはE217系の付属編成としては初めてY-105+Y-107編成が長野へ廃車回送が実施されました。

E235系が成田空港・成東へ入線

 昨日総武本線の佐倉~成東、成田線の佐倉~成田空港に、営業列車として初入線しました。充当されたのはF-02+J-02編成でした。

 また、同日にはJ-06編成の配給も行われています。雪の影響のためか、かなり遅れての運行となった模様です。

E217系の付属編成の廃車始まる

 運用を離脱していたクラY-105+Y-107編成が昨日から本日朝にかけて長野車両センターへ廃車回送されました。両車とも検査期限が近く、川重製だったこともあり今回配給されることになったと思われ、今後順次廃車解体されるものと思われます。

E217系の現状

 前回は基本編成1本が配給輸送され、長野車両センターで順次解体作業が行われています。これを踏まえた現状は以下の通りです。

  • Y-43+Y-124編成…田町疎開
  • Y-51+Y-125編成・Y-45+Y-137編成…幕張疎開
  • Y-49編成…国府津疎開
  • Y-44編成…長野へ配給後、解体
  • Y-105+Y-107編成…長野へ配給(New!)