スポンサーリンク

 西武鉄道の9000系ですが、現在順次短編成・ワンマン化改造が行われています。今回、9102Fが多摩湖線で運行を開始しました。9000系のワンマン化改造編成はこれで3本目となります。

9102Fが運行開始

 9000系9102Fが1/11から多摩湖線で運行を開始しました。9000系ワンマン化改造車はこれで3本目となります。

【3編成目 運行開始🎉】西武多摩湖線 9000系9102F 4両化•ワンマン改造車(黄色)『日立IGBT-VVVF』国分寺発 西武遊園地 行

 車内は短編成化前と特に変わった様子は見受けられません。外部についてはパンタグラフ増設とベンチレーター撤去が行われています。

 今回の9102F運行開始で新101系のうち、最古参の241Fが引退するものと思われます。

 9000系の概要については上の記事をご覧ください。

9104Fは間もなく離脱か?

https://twitter.com/moppamopa0527/status/1348621554150559745
https://twitter.com/TEaVIE/status/1348565450242736128

 現在9000系唯一の10両編成として稼働している9104Fですが、おそらくダイヤ改正前には運用から落ちるものと推測されます。この状況下ではさよなら運転も期待できそうにないですので、記録はお早めに。

国分寺駅ホームドア設置で運用はどうなる?

 国分寺駅では7番ホームにホームドアが設置される予定で、その時までには新101系は撤退することとなっています。ただ、現状で9000系のワンマン化対応車は3本しか出場しておらず、暫くは2000系がツーマンで代走するのではないでしょうか?

【期間限定の代走】 西武多摩湖線の2000系に乗ってきた!

 また、新101系の方向幕に「西武球場前」が加わっており、狭山線で運行が行われる可能性があります。

 新101系が狭山線へ転属し、2000系が多摩湖線や多摩川線にトレードされる可能性というのが浮上してきました。果たしてダイヤ改正でどうなるのか?発表が待たれます。