スポンサーリンク

 現在281系が運用されている関空特急「はるか」ですが、9両編成での運転を増やすため、新型車両「271系」を導入することが決まりましたので、車両の概要や投入本数と今後の見込みについてまとめました。

新型車両の概要

 新型車両の形式は「271系」となりました。概要は以下の通りです。

  • 2020年春までに増結用3両編成6本を製造、 投資総額は18両で約60億円。
  • 全座席にモバイル用コンセントを設置
  • 客室ドア上部には大阪環状線や新快速電車で使用しているものと同様の情報配信ディスプレイを各車両に設置し、 停車駅や列車の運行情報などを4か国語(日英中韓)で表示することで、地図による表示など視覚的にもわかりやすくする。
  • 大型荷物が置けるスペースを客室内に設置、 大型のスーツケースなどにも対応できるように高さを拡大する。
  • 車内のセキュリティ向上のため、防犯カメラを荷物スペースやデッキ部に設置する。
  • 現行の281系同様、訪日外国人向けのフリーWi-fiサービスを提供。
  • 衝突時の被害を最小化するオフセット衝突対策や衝撃吸収構造などの導入により、強度の向上を図る。
  • 運転士の 異常発生時に列車を安全に停止させる EB-N装置を採用する。
  • 運転台計器類の2重系化により、信頼性を向上させる。

 現代の情勢に合わせ、全座席にモバイルコンセントの設置や 情報配信ディスプレイ設置など、乗客にとってはありがたいのではないでしょうか。また、防犯カメラの設置により、セキュリティの向上が図られるので、安心して列車に乗れますね。

今後の投入予定はどうなる?

281系
引用:281系

 とりあえず新型車両は付属編成のみ6本投入されることが決まりましたが、将来的には281系の置き換えも視野に入れているものと考えられます。 「JR西日本のIR情報から今後の車両更新を考える」では2024年度からの置き換えと書かれていますが、評判が良ければ前倒しで車両の置き換えを行うことも十分に考えられます。ただ、公表されている投資総額から計算すると、281系の置き換えにかかる費用は約210億円。381系の置き換えと並行してこれだけの金額を出せるか?と考えると置き換えの前倒しは厳しいかもしれませんね…

安全対策の強化

  特急「はるか」 では車内に「防護盾」「耐刃手袋」「耐刃ベスト」といった防護装具などを全編成に搭載完了し、更に乗務員にはフラッシュライトを携帯させる等、徹底した警備態勢が敷かれています。また、 「G20大阪サミット」 期間中は 特急「はるか」の全列車に警備員を配置します。 今後も大型イベントが控え、国際的に日本への注目度が高まることから、テロの標的になるリスクも高まるため、対応に万全を期す模様です。

まとめ

 東京オリンピックを前に、遂に特急「はるか」にも新型車両が投入されることになりました。実車の登場はいつになるのか、今から楽しみですね。