スポンサーリンク

 除籍された後も長らく長野総合車両センターで放置状態にあった189系N102編成ですが、先日編成が分割され解体線へ入ったという情報が入ってきました。大宮総合車両センター所属の185系OM03編成が長野総合車両センターへ回送されたことも併せて確認されています。

189系最後の生き残りが解体へ

 まず、189系最後の生き残りだったN102編成です。除籍後も動きが有りませんでしたが、先日編成が分割されて、解体線に入っているのが目撃されました。今後は恐らく解体されるものと思われます。

 一時期はしなの鉄道やえちごトキめき鉄道への譲渡の噂もありましたが、残念ながら実現しませんでした。

185系OM03編成が長野へ回送

 12/24に大宮総合車両センター所属の185系OM03編成が長野総合車両センターへ回送されています。一時的な疎開留置なのか廃車回送なのかは現時点で不明です。

 ただ、痛みが結構激しいところを見ると、このまま廃車になる可能性が高そうです。既に少なくない185系が余剰となっていることを考えると、長野への廃車回送だけではなく今後も一時的な疎開回送が行われる可能性もありそうです。

 なお、平日日中に回送が行われたこともあり、大きなトラブルは起きなかった模様です。