スポンサーリンク

 JR九州では9/23の西九州新幹線開業に伴い大規模なダイヤ改正が行われますが、これに伴い少なくない規模での減便・減車が実施されます。これにより415系のうち鹿児島地区での運用やセミクロスシート車の運用が無くなることが判明しました。今後はどうなっていくのでしょうか?


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

鹿児島地区からは引退へ

 まず鹿児島地区では415系の鋼鉄車(白色)編成が5本(いずれもオールロングシート)運用されています。オールロングシートという車内構造が幸いし詰め込みが利くことから朝夕ラッシュ時間帯を中心に運行されてきましたが、他の電車に比べて老朽化が進んできたことから今回のダイヤ改正で引退する事が決定しました。

 これに伴い、ダイヤ改正当日の9/23には鹿児島中央駅で見送りイベント「さよなら!鹿児島地区415系500番台」が行われます。8:57に鹿児島中央駅の4番線ホームに415系500番台が到着し、9:09頃に車両基地の鹿児島車両センターに向けて出発します。車両の見送りに参加する場合は入場券(170 円)が必要です。また、到着後はドアを閉めますので車内見学及び車内撮影はできません。

福岡・大分地区の415系運用も縮小へ

 今回のダイヤ改正では他の地区でも415系の運用変更があります。ワンマン化に伴い熊本地区・長崎本線の一部非電化化に伴い長崎地区からそれぞれ撤退します。

 また、僅かに残っていた415系の福北ゆたか線乗り入れも今回のダイヤ改正で直方発下関行きが門司港行きとなっていることから乗り入れが終了します。

白電は全面引退?大分駅ポスターが話題に

 大分駅の掲示で415系のうち鋼鉄車に関してはダイヤ改正を以て引退する事が明らかになりました。これを記念して明日9/22の7時から大分駅みどりの窓口で記念入場券が50枚限定で発売されます。また、大分駅4番ホームで20:46~53に見送りイベントを行うとのことです。

残る415系はどうなる?

【運賃200万】自分で夜行列車を走らせる!第2弾 リバイバル急行「日南」 門司港〜鹿児島中央

 残る415系ですが、このうち100番台のセミクロスシート車は先ごろ行われたツアー列車「日南」が最後のツアーと明言されていることから引退するものと思われます。

 そうなると残るのは大分地区と福岡地区ということになりますが…果たしてどうなるのか。鋼鉄車(白色)編成に関しては821系の追加投入で置き換えが行われそうですが、ステンレスの1500番台に関しては関門トンネルを通過する門司~下関の列車が交直流電車でないといけない都合上簡単には置き換えができません。

門司駅にて415系の交直切換試験を車内から

 交直流用の新形式を起こす可能性や日田彦山線・後藤寺線の車両置き換えに合わせて気動車化という可能性もありそうですが、延命工事を施してまだまだ使うという可能性も完全には捨てきれません。果たしてどういう選択をするのか?JR九州の動向に今後も注目ですね。