スポンサーリンク

 2020春ダイヤ改正で様々な新列車が各地で走り始めました。今回は伊豆特急を取り上げたいと思います。

サフィール踊り子運行開始

 新型観光特急「サフィール踊り子」が東京・新宿~伊豆急下田間で営業運転を開始しました。 8両編成で、1+1列の座席を装備するJR東日本初となるプレミアムグリーン車1両(20席)、グリーン個室車2両(40席)と麺が楽しめるヌードルバー1両、2+1列の座席を装備するグリーン車4両(104席)の構成という全車グリーン車構成というかなり強気な車両となっています。

 ただ、1番列車は京浜東北線の安全確認の影響を受け約16分遅れで出発。ちょっと不安な船出となりました…

E257系リニューアル車も運行開始

 中央線特急から離脱して順次リニューアル工事が施工されていたE257系2000番台がついに満を持して運行を開始しました。今後、185系を順次置き換えていく模様です。

 3号車に設けられたミニラウンジはそのままとなっており、窓際の座席にはコンセントが設置されています。が、グリーン車に関しては半室グリーン車を全室グリーン車としたことで元普通車の区画において窓割の合わない席(外れ席)が生まれています。

 名誉ある伊豆特急が半室グリーンではまずいと考えたのかもしれませんが…グリーン車を使うなら「サフィール踊り子」の方が快適だと思います。

185系の新宿・池袋発着が復活

 185系は今後E257系リニューアル車によって置き換えられることが発表されていますが、ここへ来て定期「踊り子」での新宿・池袋発着が復活しました(踊り子5号)。貴重な姿になると思われますので、撮影・記録はお早めに。

今後はライナー列車にもE257系が?

 今後、185系はE257系リニューアル車に置き換えられて行くことになりますので、そうなれば「湘南ライナー」などのライナー列車へのE257系充当も十分あり得そうです。

 ただ、E257系への置き換え完了後はライナー列車の特急格上げが考えられますので、ごく短い期間しか見れない・乗れないということになるでしょう。筆者としてもそんなに遠い場所ではないので、ライナー列車へE257系が充当されたら一度乗ってみたいと思っています。