スポンサーリンク

 都営三田線の新型車両6500形ですが、先週までは2本の運用に留まっていたもののここへ来て6503F~6505Fが一気に運行を開始し遭遇する機会がかなり増加しました。これに伴い6304Fが陸送で搬出されるなど6300形の運用離脱が始まり、今後の動向が注目されます。


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

6500形が一気に運用入り

 5/17以降6501F・6502Fのみが稼働する状況が続いていましたが、今月に入り3編成が一気に運転を開始しました。

 6500形は6510Fまで搬入済みとなっており、残りの編成も問題が無ければ順次運転を開始するものと思われます。

6304Fが搬出済み、他の編成の離脱は?

 6300形に関しては現状1・2次車の置き換えが明言されていますが、今のところ搬出されたのは6304Fのみとなっています。6500形の運用本数が増えたため、今後も順次運用離脱が進むものと思われ、恐らく1・2次車の譲渡はないものと考えられます。