スポンサーリンク

 「踊り子」用E257系2500番台のNC-32編成が改造を終えて出場し、先日JR東海と伊豆箱根鉄道駿豆線への入線を果たしました。

遂に試運転実施

 先日遂にE257系2500番台の試運転が行われ、JR東海の熱海~三島及び伊豆箱根鉄道駿豆線への初入線を果たしました。

 E257系2500番台は房総特急「わかしお」等で使用されていたE257系500番台を改造したもので、最終的に4編成が登場することが明らかとなっています。

誘導障害試験が目的か?

 今回の試運転はE257系の誘導障害試験が目的と思われます。伊豆箱根鉄道駿豆線ではこれまでVVVF車の入線はなく、今回のE257系が初となります。

 なお、E257系の入線に先立ち、伊豆箱根鉄道では変電所の設備増強が行われています。回生ブレーキを搭載した車両の入線はE257系が初となりますが、既存車両の老朽化が進行していることから今後は置き換えが考慮されているようで、回生ブレーキ作動時の回生電力の回収を行うための増強工事でしょうか。

 試運転は深夜に行われたようですが、駿豆線全ての踏切に係員を配置し誘導障害に備えていた模様です。

 今後は伊豆箱根鉄道・JR東海で日中試運転が実施される模様です。

付記:E257系2両編成は除籍に

 なお、E257系2両編成については全車が今年の6/15付で除籍となった模様です。今後長野車両センターで順次解体が実施されるものと思われます。

 中央線特急で長年過酷な運用に就いていたとはいえ、20年に満たない年数での廃車というのは世知辛いですね…