スポンサーリンク

 カシオペア紀行の返却回送が昨日EF81-98の牽引で行われましたが、越河駅~貝田駅間で発煙が確認された影響で東北本線の一部区間が長時間運転見合わせとなりました。青春18きっぷの利用期間だったこともあり、新幹線での振り替え輸送が行われるなど終日混乱が続いた模様です。


クレジットカード・コンビニ・銀行に加えて、PayPay / Amazon Pay / ペイディなど多様な支払方法で格安航空券が購入できます。事前予約でお得なピーチ・ジェットスターの持ち込み手荷物サービスも!アプリ限定で500円OFF実施中!

EF81-98がカシオペア回送中に発煙…

 東北本線の越河~貝田間の上り線を走行中の「カシオペア」を牽引していたEF81-98から発煙及び火花が確認され、運転を見合わせる事態となりました。火花が散ったためか、法面で枯れ草が燃える火災も相次いで発生し、運転を再開するまでに6時間程度を要しています。

 途中の東福島まではEH500-17が救援を行った模様。

 東福島以降はEF81-139が救援を行うものと思われます。

新幹線への振り替え実施

 今回の運転見合わせを受け、JR東日本は並行する東北新幹線での振り替え輸送を実施しました。本来なら救済の対象とはならない青春18きっぷも今回は対象となったようです。

 なお、今回の措置はあくまでも特別で、通常は青春18きっぷや秋の乗り放題パス利用時に不通区間が発生しても振り替え輸送などの救済措置は基本的にありませんので注意しましょう。

ネット上の反応は?

 SNSで動画や写真が上がっているが、牽引機関車(EF81 98)のブレーキ不緩解により、車輪(6軸のうち1軸か?)と鋳鉄ブレーキシューの摩擦で火花(と煙)が散り、折しも乾燥時期の草に飛んで発火、ということ。

 ※鋳鉄シューなので、通常のブレーキ時にも火花が散ることがある。 名鉄パノラマカー7000系も、電制を切る普通運用で火花散らしていたねえ。鋳鉄のブレーキシューが、ほぼ無くなっている様子の画像も上がっていた。 (ただし要ファクトチェックだが、尾久のEF81ならではの一体車輪だったので当該の可能性高し)

引用:回送中の「カシオペア」から火花 宮城、線路のり面で火災も

 Twitterで拝見しました。この火花と故障を発見したのはいわゆる撮り鉄の方だったようです。

 速やかに踏切の非常ボタンを操作し、停止手配を執り、JR、消防に通報されたとのツイートがありました。この方が通報連絡してなければもっと被害が大きくなったかもしれません。

 何かと叩かれる撮り鉄ですが冷静なこの対応は素直に称賛されるべきだと思います。良いことは良い、悪いことは悪い、是々非々の精神です。

引用:【続報】「カシオペア」回送列車不具合 東北本線の全面再開は午後6時頃の見通し(午後4時20分現在)

 以前高級寝台列車で17時間くらいかけて色んなとこを走るのが、不具合のため15時間近く終点到着が遅れた事があったとか。だけど、乗客からは一切苦情がなく、物凄く喜んでいたとか。

 今回は回送みたいだから。。だめでしたね。

引用:「カシオペア」回送列車の不具合で東北本線・白石(宮城)ー福島「上り」は再開見通し立たず(午後3時現在)

 不緩解など不具合か、別の事情か。

 ヒューマンエラーと思いたくはないが上り坂で空転防止のため、ブレーキシリンダに弱めに圧力をかけて走る事がある。そのまま忘れて長く走っていると火花出るかも。 どちらにしても加速が悪いとか転がりが悪いとかで運転していたら分かりそう。

引用:「煙が出て火花が散っていた」カシオペア回送列車“不具合”の東北本線 午後7時ころ全面運転再開へ(午後6時現在)

カシオペアは無事収容された模様

 その後のカシオペアですが、EF81-139の牽引により無事尾久車両センターまで回送された模様です。