スポンサーリンク

 東北本線の黒磯~白河間で運行されているE531系3000番台ですが、本来であれば回送扱いの宇都宮~黒磯間で1本だけ営業運転を行っていたことが明らかとなりました。当日は地震の影響で東北新幹線が運転を見合わせていたため、新幹線の救済臨として運行されたものと思われます。

地震の影響で新幹線が運転見合わせに

 きっかけは5/1に宮城県沖で発生した最大震度5強の地震でした。この影響で東北新幹線は一時運転を見合わせ、運転再開後も終日ダイヤが乱れた状態が続きました。

回送列車を活用して救済臨運行

 この影響で宇都宮~黒磯間で臨時列車が急遽運行され、E531系3000番台とE231系基本編成が充当されました。

E531系快速那須野満喫号乗車録 大宮~黒磯

 E531系が宇都宮線で営業運転に入るのは2013年10月以来のことです。

 地震の影響は翌日も続き、205系の運用の一部がE231系付属編成で代走されました。

2月にも救済臨が 

 東北本線では2月にも地震で東北新幹線が運休し、その影響で救済臨が運行されています。その様子については上の記事をご覧ください。