スポンサーリンク

 JR西日本の不通区間のうち、一部の路線で再開早まるようです

ニュース

 JR西日本は22日、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)で被害を受けた線区の運転再開見込みを発表した。山陽本線白市~瀬野間・柳井~下松間と呉線広~坂間は9月9日、岩徳線周防高森~櫛ケ浜間は9月22日に運転再開予定となった。
 先月発生した西日本豪雨(平成30年7月豪雨)の影響で、現在もJR西日本をはじめ多くの線区で運転見合わせが続く。山陽本線・呉線・芸備線などが運転見合わせとなっている広島地区では、広島県をはじめとする沿線自治体や中国地方整備局・中国運輸局などの協力も受けて早期復旧に向けて取り組んでおり、山陽本線・呉線については関連する事業との連携により、運転再開時期の前倒しが図られることになったという。
 山陽本線は8月18日に瀬野~海田市間で運転再開した後、8月21日から白市~八本松間で暫定的な部分運転を開始。現在は広島県内の三原~白市間・八本松~瀬野間と山口県内の柳井~下松間が運転見合わせとなっている。このうち白市~瀬野間・柳井~下松間が9月9日から運転再開できる見込みに。白市~八本松間の暫定的な部分運転は9月8日をもって終了となり、これにともない八本松駅の仮設ホームは撤去される。西条~八本松間は9月8日20時以降の運転を取りやめるとのことだった。
 呉線は現在、坂~海田市間で列車の運転を行うほか、8月20日から広~呉間で暫定的な部分運転を開始した。広~坂間は9月9日から運転再開できる見込みとなり、広~呉間の暫定的な部分運転は9月8日をもって終了。呉線では復旧工事の進捗により、2019年1月中に運転再開予定とされていた三原~広間のうち、安芸川尻~広間の運転再開見込み時期が今年10月中に繰上げとなった。
 岩徳線は8月20日に岩国~周防高森間で運転再開し、残る周防高森~櫛ケ浜間は10月中に運転再開予定とされていたが、今回の発表で運転再開予定日が9月22日に前倒しされている。広島・山口地区のJR線はその他、8月25日に芸備線狩留家~下深川間、10月中に山陽本線三原~白市間、来年1月中に呉線三原~安芸川尻間、来年1~3月中に芸備線備後落合~三次間・福塩線府中~塩町間が運転再開予定。芸備線三次~狩留家間は運転再開まで少なくとも1年以上とされている。JR西日本広島支社は「少しでも早く運転再開できるよう、更なる努力を続けてまいります」と発表している。

大半は再開も…

 呉線が10月中に運転再開ということで、三原~白市の復旧見通しが立たない山陽本線の代わりに貨物列車が通るようになるかもしれませんね。

 問題は芸備線などでしょうか。三次~新見間などは3往復しかありませんからね… 一部の超閑散線区は再開せずに廃止という可能性も十分ありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク