スポンサーリンク

 皆さん、あと数日で新年を迎えますが、JR東日本の中央本線特急「スーパーあずさ」で本日E353系が運転を開始しました。E353系の概要と今後の予定についてまとめておきます。

E353系の概要

 E353系は中央本線の特急として走っているE351系とE257系の置き換えを目的として製造された車両です。高速化と乗客の快適性の両立が実現しており、例えばE351系はカーブでの高速運転を行うために制御付きの自然振子式車両としたが、これにより乗り心地が悪くなってしまい乗り物酔いしてしまう乗客も多かった。E353系では空気バネによる車体傾斜式車両になり、フルアクティブサスペンションが装備されたことで乗り心地が改善されている。

 車内についても、現代の車両らしくノートパソコンに対応した大型のテーブルと電源コンセントが全席に装備され、各客席ごとに空調が調節できるようになっている。このほかにも空気清浄機の設置、セキュリティ面で非常通話装置や防犯カメラの設置が行われています。

E353系の運転時刻

 E353系の運転時刻は以下の通りです。

■下り(新宿→松本)
スーパーあずさ1号 新宿07:00→松本09:39
スーパーあずさ11号 新宿10:00→松本12:31
スーパーあずさ23号 新宿16:00→松本18:34
スーパーあずさ29号 新宿18:00→松本20:42

■上り(松本→新宿)
スーパーあずさ4号 松本06:51→新宿09:26
スーパーあずさ18号 松本13:02→新宿15:33
スーパーあずさ22号 松本14:49→新宿17:26
スーパーあずさ36号 松本20:00→新宿22:36

スポンサーリンク

今後の投入予定は

 既にJR東日本のプレスリリース(八王子支社長野支社)で公表されている通り、2018年の春までにE351系を全車置き換える予定です。その後、E257系についても置き換えを行い2年後までに特急「あずさ」・「かいじ」の車両を統一するようです。

E351系はどうなるのか?

 来年の春までに全車置き換えが行われるE351系ですが、想定以上に老朽化が進んでいたのか波動用編成にはならず全車両廃車となるようです。また、ダイヤ改正以降にさよなら運転が企画されているようです。

E257系はどうなるのか?

 E257系については多くの車両が伊豆方面の特急「踊り子」や朝晩のライナー列車「湘南ライナー」などで運用されている185系の置き換えに充当される予定です。恐らく、半室グリーン車も1両丸ごとグリーン車にするでしょう。

 ただし、付属の2両編成については構造が特殊なこともあり、廃車になる可能性もあります。

最後に

 快適な車両が増えるのはうれしいですけど、E351系の廃車は残念ですね。個人的には「ムーンライト信州」の車両をE351系かE257系に置き換えて欲しいものですが。ほぼ100%ないと思いますが、「ムーンライト信州」もE353系で運転してくれるとなったら毎回でも乗りにいてしまうでしょうね。

 

スポンサーリンク