スポンサーリンク

 JR東日本新潟支社から2018年1月での引退が発表されていたジョイフルトレイン「NO.DO.KA」のラストランツアーの運行が決定しました。これによって、引退日が1/7に決定しました。

NO.DO.KAの車両の概要

「NO.DO.KA」は485系初のジョイフルトレインとして登場した「シルフィード」を2001年に再改造して誕生したカーペット列車です。ディーゼル発電機も搭載しており、ディーゼル機関車に牽引させることで非電化区間にも入線することが出来る万能型のジョイフルトレインとなっています。

 先頭車は展望車となっており、小田急電鉄のロマンスカーや長野電鉄の「ゆけむり」とよく似ていますが、展望室部分には座席ではなくソファーが設けられています。客室内は、通路を片側に寄せて、もう片方にカーペット敷きの座椅子を置いたお座敷仕様となっています。

終幕 NO.DO.KA

 1/6に新潟〜酒田間の往復で運転します。団体列車扱いなので、乗車には旅行商品の申し込みが必要です。旅行代金は新潟駅発着で大人1万500円、子供6800円です。

  • 団体列車「終幕 NO.DO.KA」
    • 運転時刻: 新潟 9:28→酒田 11:56、酒田 13:41→新潟 17:28
    • 運転日時:1/6
    • 備考:特製掛け紙つき弁当、「終幕NO.DO.KA」乗車記念グッズがもらえます。

惜別 NO.DO.KA

 1/7に新潟駅~六日町駅を往復で運行しますが、往路と復路で経路が異なります。まず往路ですが、新潟駅から信越本線で直江津駅へ向かい、折り返して犀潟駅から北越急行に入線して六日町駅に行きます。復路は六日町駅から上越線・信越本線・羽越本線を走行し、新発田駅から白新線を経由して新潟駅に向かいます。団体列車扱いなので、乗車には旅行商品の申し込みが必要です。旅行代金は新潟駅発着で大人1万円、子供6400円です。

  • 団体列車「惜別 NO.DO.KA」
    • 運転時刻: 新潟 9:30→六日町 13:41、六日町 13:55→新潟 17:28
    • 運転日時:1/7
    • 備考:特製掛け紙つき弁当、「惜別NO.DO.KA」乗車記念グッズがもらえます。

一般の臨時列車で乗るには?

 「NO.DO.KA」のラストランツアーはいずれも旅行商品のため、早い段階で売り切れになることが予想されます。どうしてもラストランツアーに乗りたい方は気長にキャンセルになるのを待つしかありません。

 しかし、そこまで気長ではない方とか、単に「NO.DO.KA」に乗れればよいという場合は正月三が日に弥彦神社へ向かう参拝客のために運行している臨時列車「初詣 NO.DO.KA」に乗車するのもお勧めです。全車指定席の列車ですので指定券が無いと乗車できませんが、指定券は全国の「みどりの窓口」又は「えきねっと」で予約できます。

スポンサーリンク
  • 快速「初詣 NO.DO.KA」
    • 運転時刻: 新潟 9:49→弥彦 10:52、弥彦 14:31→新潟 15:49
    • 運転日時:1/1~3

 

スポンサーリンク