スポンサーリンク

 新型車両導入が進む「あずさ」「かいじ」で新たな着席サービスを導入するようです。

ニュース

JR東日本は30日、中央線の特急列車を対象に、新たな着席サービスを導入すると発表した。

新たに導入するサービスは、常磐線特急「ひたち」などで導入している形態と同じもの。普通車における指定席と自由席の区分を廃止し、普通車全座席が指定可能となる。特急券は、座席を指定した指定席特急券としてのほか、座席未指定券としての発行も可能。未指定券では空席を利用できるほか、追加料金なしで座席指定もできる。なお、空席がない場合は立ち席での利用となる。

新サービス導入後の特急券は、指定席券・未指定券とも同額での発売となるほか、通常期や繁忙期、閑散期の区別はなくなる。新たな料金は、50キロまでが大人750円、100キロまでが大人1,000円などで、現在の指定席特急券料金より低価格となる。車内で特急券を購入する場合は、座席指定を受けることはできず、駅での購入料金に加え大人260円、子ども130円を追加した車内料金での発売となる。また、サービス導入と同時に「えきねっとチケットレスサービス」を開始し、チケットレスによる利用では大人100円、子ども50円を引いた料金で発売する。

また同社は、新サービス導入にあわせ、「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」をリニューアルすると発表した。新料金体系にあわせて料金を改定するほか、乗車日13日前の午前1時40分まで発売する「お先にトクだ値(乗車券つき)」を新たに設定する。このほか、「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料金回数券」は、新サービス導入と同時に廃止となる。

新サービスの導入時期は、2019年春。JR東日本は、中央線特急のE353系への統一と同時に導入するとしている。

「ひたち」などと同様の着席サービス

 すでに「ひたち」・「ときわ」で同様の着席サービスが導入されていますが、今度は「あずさ」・「かいじ」でも導入するようです。自由席特急券にわずかな金額を足せば着席が保証されるのですから、これは良いのではないでしょうか。ふらっと買って、未指定券で空席を利用するという使い方もできるので、より自由度は広がったといえるのではないでしょうか。

回数券の廃止

 一方で、「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料金回数券」が廃止されるのはかなり痛いのではないでしょうか。乗車日13日前の午前1時40分まで発売する「お先にトクだ値(乗車券つき)」が新たに設定されますが、回数券のようにふらっと乗車できないのは痛いでしょう。

中央ライナーなどはどうなる?

 現時点では「中央ライナー」・「青梅ライナー」については何も発表がないですが、こちらも同様に新型車両への統一とともに特急化されるのでしょうか?着席サービスも同様のものとなるのでしょうか?そちらにも注目が集まるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク