スポンサーリンク

 名古屋鉄道は新型コロナウイルスによる需要の低下を反映して10/30にダイヤ改正を行うことを発表しました。豊川線・尾西線・各務原線で日中時間帯の減便を行うほか他の路線でも深夜時間帯の減便、瀬戸線の日中時間帯の準急廃止などを行います。

豊川線など日中時間帯の減便

稲荷口駅
引用:稲荷口駅

 以下の線区では、平日、休日ともに日中時間帯の運行本数を削減します。

  • 豊川線…国府~豊川稲荷の11~14時台で毎時4本から2本に減便
  • 尾西線…森上~津島間の10~14時台で毎時4本から2本に減便
  • 各務原線…三柿野~犬山の10~14時台で毎時4本から2本に減便

 このほか、名古屋本線の名鉄岐阜~須ヶ口間や羽島・竹鼻線新羽島~笠松間、豊川線、広見線(新可児~犬山)で21~22時に1~2本の減便を実施します。羽島線・竹鼻線の22時台は線内折り返しの列車のみとなります。

瀬戸線では日中の準急を廃止

【実はドル箱路線】名鉄の“仲間外れ路線”に乗ってみた

 栄町~尾張瀬戸間で10~15時台に運行する準急列車を普通列車に格下げし、運行間隔を均一化します。準急通過駅の清水・尼ケ坂・森下・矢田・守山自衛隊前・瓢箪山の各駅の乗車チャンスを拡大します。