スポンサーリンク

 私鉄の乗り潰しで厄介なのが行き止まりの路線。行って引き返すしか手段がなく往復が大変な路線も多いのですが、その一つ「長良川鉄道」の乗り潰しで活用できそうなシャトルバスが現在実証運行中です。一体どのような路線なのでしょうか?


スマホの写真をプリントしたりフォトブックを作るのに便利です。いかがでしょうか?

長良川鉄道は乗り潰しが大変…

【そうだ長良川鉄道に行こう】観光列車 “ながら” に乗車してきました(乗車記)

 長良川鉄道は元々越美南線として国鉄が運営していた路線ですが、第2次特定地方交通線の1つとして指定されたのち第三セクターの路線として生き残った路線です。

 美濃太田駅から北濃駅まで全長72.1キロの比較的長い盲腸線で、当初は北濃駅から九頭竜湖駅まで接続するバス路線がありました。が、2002年10月をもって廃止されてしまい、大野市営バス(前坂線)と郡上市自主運行バス(石徹白線)を乗り継ぐコースに置き換わってしまいました。途中の県境付近でバスが途切れており約8キロを徒歩で移動しなければならず、この乗り継ぎはあまり現実的ではありません。

 このため長良川鉄道に乗る際は往復するか、郡上八幡駅からバスを使うという手段しか事実上ありませんでした…

下呂駅までの無料シャトルバスが運行!

 現在、美濃白鳥駅と下呂駅を結ぶ無料シャトルバスが実証運行中で、実証結果が良好であれば定期運行が実現する可能性もある模様です。現在は1日2往復で来年2/27までの金土休日・年末年始に運行されます。運行ダイヤは以下の通りです。

  • 美濃白鳥駅8:00→郡上八幡駅8:45→下呂駅9:55
  • 美濃白鳥駅13:00→郡上八幡駅13:45→下呂駅14:55
  • 下呂駅10:00→郡上八幡駅11:10→美濃白鳥駅11:55
  • 下呂駅15:05→郡上八幡駅16:15→美濃白鳥駅17:00

 この無料バスを利用することにより、例えば以下のような乗り継ぎが考えられます。

  • 美濃太田駅9:56→北濃駅12:04(「ゆら~り眺めて清流列車1号」、景勝地で徐行運転)
  • 北濃駅12:39→美濃白鳥駅12:49
  • 美濃白鳥駅13:00→下呂駅14:55(無料バス)

 この機会に長良川の絶景を鉄道で愛でるというのはいかがでしょうか?