スポンサーリンク

 2021年春(3/13)のダイヤ改正の内容をまとめました。今回はJR四国・九州のダイヤ改正についてです。新型車両の投入や終電繰り上げが主な内容となっています。

「南風」・「しまんと」を2700系で統一

 今回のダイヤ改正で土讃線の特急「南風」・「しまんと」を2700系で統一します。また、特急「あしずり」1往復を新たに2700系での運行とし、利便性を向上させます。

 これに伴い、2000系のグリーン車は3/12を以て定期運用を終了します。

土讃線・徳島線でパターンダイヤ導入

引用:JR四国 – 2021年3月ダイヤ改正について

 土讃線では高知~土佐山田駅間を9時~15時台に運転する普通列車の発車時刻を概ね統一します。また、パターンダイヤ時間帯において後免駅発・高知駅行きの普通列車を1本増発し、都市圏輸送の充実を図ります。

引用:JR四国 – 2021年3月ダイヤ改正について

 

 徳島~穴吹駅間を9時~17時台に運転する普通列車の発車時刻を概ね統一します。また、パターンダイヤ時間帯において徳島~阿波川島駅間を運転する普通列車を8本増発し、都市圏輸送の充実を図ります。

「さくら」・「つばめ」九州新幹線内列車を減便

九州新幹線800系詳細解説動画。

 今回のダイヤ改正で博多~熊本間を運行する「つばめ」13 本と「さくら」2 本の運転を取りやめます。これに伴い、一部の「さくら」の各駅停車化や、「つばめ」の運転区間をの延長を行います。なお、山陽新幹線へ直通する列車については減便を行いません。

日豊本線の特急は減便。783系が撤退へ

 日豊本線の特急「ソニック」については博多駅発9~13時台・大分駅発11~16時台は1時間に1本の運転とします。速達タイプの「ソニック」については臨時列車とし、利用が多い日に運転します。

 特急「にちりん」については日中の「にちりん」4本を臨時列車とし、4本の運転を取りやめるとともに、同時間帯に延岡~宮崎空港間を運行する「ひゅうが」を6本設定し、夕方以降の2本の運転を取りやめます。大分~延岡間を日中に運行する「にちりん」は 2時間に1本となります。また、787系4両編成でのワンマン運転を拡大し、783系が運用から撤退します。

 特急「きりしま」は宮崎~鹿児島中央間1往復と、宮崎~都城・西都城間1往復の計4本の運転を取りやめるとともに全列車を787系4両編成で運行、ワンマン運転とします。

「有明」運行終了、「きらめき」は減便

【54年の歴史に幕引き】JR九州の看板特急「有明号」に乗ってきた

 九州新幹線の開業後もしぶとく運行が続けられてきた特急「有明」ですが、今回のダイヤ改正でついに運行終了となります。

 なお、運行終了に伴い大牟田~鳥栖間で快速列車が運行されます(大牟田6:43→鳥栖7:18)。鳥栖駅でかもめ102号に接続します。

 また、特急「きらめき」は現行の「きらめき」1・7・2・14・16・22号の運行を取りやめ、これに伴い小倉~博多間で新たに快速列車を運行します(小倉5:09→博多6:17、土休日は小倉5:03→博多6:19→大牟田7:44の区間快速)。

福北ゆたか線の運転体系見直し

 博多~篠栗間の日中(10時から15時台)の列車本数を1時間あたり3本とし、概ね20分に1本の運転体系とします。乗車機会を確保するため、快速列車の停車駅を見直し、博多~篠栗間の各駅に停車とします。

 また、直方~黒崎間の日中の列車本数を1時間あたり2本とし、概ね30分に1本の運転体系とします。その他、夜間の一部列車の見直しを行います。

 特急「かいおう」については利用の減少を考慮し1日1往復(783系)の運転とします。

観光列車の運転見直し

 「指宿のたまて箱」については臨時列車としての運行とし、毎日運行を取りやめます。

 「海幸山幸」は利用が好調なことから繁忙期に増発を行います。

列車名始発駅終着駅
海幸山幸1号宮崎 10:13南郷 11:45
海幸山幸2号南郷 11:52宮崎 13:27新規
海幸山幸3号宮崎 13:53南郷 15:23新規
海幸山幸4号南郷 15:30宮崎 16:53

「かもめ」減便、キハ200系列が長崎地区で運行終了

 特急「かもめ」についてはかもめ39号の運転を取りやめるとともにかもめ15・28・36号を臨時列車とします。

 また、キハ200系列が長崎地区での運行を終了し、他地区へ転属します。

筑肥線は系統分割化

 今回のダイヤ改正で筑肥線の下山門~筑前前原間でホームドアの運用を開始します。

 また、日中は唐津・西唐津~筑前前原を1時間に2本、筑前前原~福岡空港間の運行を1時間に4本で統一し、相互に折り返し運転を行う形とします(お乗り換えが必要となります)。唐津⇔福岡空港の直通運転は朝晩の一部列車を除いて無くなります。

その他

  • 新八代駅で接続する高速バス「B&S みやざき」についても時刻の変更があります。
  • 快速日南マリーン号の上り列車の始発を志布志駅始発に変更すると共に、下り列車での折生迫駅・内海駅・小内海駅の停車を取りやめ上下列車で停車駅を統一します。
  • 深夜時間帯の利用の減少に伴い、終電の繰り上げを行います。