スポンサーリンク

 227系は現在広島地区で走っていますが、今回和歌山線・桜井線・紀勢本線にも導入されるようです。これにより、現在和歌山線と桜井線・紀勢本線を走っている105系・117系が置き換えられるようです。

ニュース概要

JR西日本は2018年3月7日(水)、和歌山線や桜井線、紀勢本線に227系電車を順次投入すると発表しました。

2019年春から2020年春までの期間に2両編成×28本(計56両)を投入し、国鉄時代に製造された105系電車や117系電車を置き換えます。

 227系は2015年から主に広島エリアで使用されている車両です。近畿エリアでは、今回この車両が初めて登場します。

 車内は多機能トイレや車いすスペース、LED車内照明、自動温度調節機能付きの空調などを導入。外観は、広島エリアの赤色とは異なり、「走行する奈良と和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した緑色」(JR西日本)が基調とされます。

 車両置き換え後の2020年春には、「車載型IC改札機」の使用が始まります。すでに境線で運用されているものですが、近畿エリアではこれが初めて。「車載型IC改札機」の使用開始により、奈良県内全域や和歌山線全線が「ICOCA」エリアになる予定です。

 

車載型IC改札機の設置

 この中で注目しているのは「車載型IC改札機」を設置するという点。リリースを見ると車両扉に自動改札機を設置する方法のようですが、果たしてこれで不正乗車を防げるのか疑問が残ります。日本では不正乗車に対する罰金が欧州ほど高くないので、これでは不正乗車がやり放題になってしまう懸念が残ります。モラルに期待するのか、それでなければ不定期に抜き打ちで車内改札でもするのでしょう。

車内はロングシート

 最初に227系が投入されるというのを見て、和歌山線と桜井線、紀勢本線もクロスシートになると思われた人も多いと思いますが、残念ながらロングシートでしたね。青春18きっぷの利用者くらいしか長時間乗車する乗客はいないからロングシートで十分、という判断なのでしょうか…

撮影はお早めに

 105系も117系も老朽化が進んでいることから、恐らく置き換えられた後は廃車になる可能性が濃厚です。特に117系は両数が少ないため、早期に置き換えが行われてもおかしくないでしょう。撮り鉄がそこまで多くなく、元気に走っている今のうちに早めに撮影を行っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク