スポンサーリンク

 JR北海道の路線の中でも存続の危機に立たされている路線の一つである花咲線ですが、この度普通列車の一部を観光列車化する取り組みを始めるそうです

ニュース

 

JR北海道は12日、花咲線を走る普通列車を使い、観光列車志向の運転や取り組みを行うと発表した。

対象となるのは、花咲線(釧路~根室間)の定期普通列車の一部。沿線の景勝地である別寒辺牛湿原(厚岸~糸魚沢間)と落石海岸(別当賀~落石間)を減速して運転する。スマートフォンアプリで沿線の見どころを音声で紹介するサービスも実施し、より車窓を楽しめるようにする。日本最東端の駅である東根室駅では、停車時間を拡大し、撮影を楽しめる時間をつくる。また、「かきめし」などの「ご当地弁当」のホームでの出張販売も実施する。

実施期間は、2018年6月1日(金)から。減速運転の対象となるのは、釧路駅8時18分発の根室駅行き、根室駅8時22分発の釧路駅行きの各列車。両列車での取り組みは、同11月30日(金)まで実施する。アプリによる音声案内と、予約によるホームでの弁当出張販売は通年で実施。2018年秋ごろには、キハ54形を対象に、見どころをラッピングした車両の運転も始める。

JR北海道によると、新たな取り組みは沿線地域住民との連携により実現。今後、花咲線沿線をより活性化したいとしている。

ご当地弁当の出張販売

 根室駅、東根室駅、厚岸駅で駅弁の出張販売が行われます。なお、事前予約制となっており、利用には駅弁販売会社への予約が必要です。

 根室駅と東根室駅では「焼きさんま寿司」と「やきとり弁当」が販売されます。対象列車は根室駅発8:22、11:00、13:33の3本です。予約はタイエー(本部、繫がらない場合は千鳥本店、営業時間はいずれも8:00~17:00)へ、利用予定日の午前中までに行う必要があります。

 厚岸駅では「かきめし」が販売されます。対象列車は下り列車が厚岸発9:09、11:59、14:18の3本、上り列車が厚岸発9:56、12:37、15:03の3本です。予約は氏家待合所まで(営業時間8:30~14:30、木曜日は休み)。

他路線へも波及するか?

 この取り組みは中々斬新なものですね。JR北海道の路線は風光明媚な路線も多いため、このような取り組みがほかの路線でも行われるようになるか、今後注目されますね。果たして、花咲線は今後存続できるのか?という点にも注目が集まることでしょう。できれば存続して欲しいですが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク