スポンサーリンク

 JR西日本の新快速は混雑が激しいことで有名ですが、今回有料座席サービスの導入が決定しました。

ニュース

JR西日本は24日、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)などを走る新快速の一部列車に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表した。12両編成の新快速の1両(9号車)を有料座席の車両とし、2019年春のサービス開始を予定している。
新快速への有料座席サービス「Aシート」の導入にあたり、223系1000番台2編成(2両)を車両改造。12両編成のうち、4両固定編成の神戸方先頭車にあたる9号車が「Aシート」の車両となる。エクステリアイメージも公開され、扉付近に「Aシート」のロゴを配したほか、窓回りの色や窓下の帯色も従来の車両から変更されている。
車内は内装を工夫し、落ち着きのある空間に。座席はリクライニング機能を備え、テーブルをはじめ、JR西日本の在来線普通車では初というコンセントを全席に設置する。荷物スペースを設け、無料Wi-Fiサービスも提供。着席料金は500円(乗車券、定期券、回数券等が別途必要)で、現金または交通系ICカードでの支払いに対応する。利用する際、「お席で乗務員から乗車整理券をお買い求めください」「空いているお席に自由にお座りいただけます」とのこと。
2019年春のサービス開始後、「Aシート」を導入した新快速の運転線区は琵琶湖線・JR京都線、JR神戸線(東海道・山陽本線)、運転本数は1日あたり上下4本とされている。近畿エリアの基軸列車である新快速に「快適性」を加え、多様なニーズに対応することで「『住みたい、行きたい』沿線づくりを目指してまいります」とJR西日本。具体的なサービス開始日や運転区間・運転時刻等の詳細は「決まり次第お知らせいたします」としている。
出典:JR西日本「Aシート」新快速に有料座席サービス – 2019年春導入へ

考察

 まず、運転本数は1日あたり上下4本ということですが、これは車両の本数の絶対数がそろわないことと、あくまでも試験運行ということではないでしょうか。これで好評なようであれば、順次車両の改造をすすめ、運行区間と本数を増やすのでしょう。

 青春18きっぷとの併用については現時点では何も言及されてはいませんが、ライナー列車にライナー権を買えば青春18きっぷで乗車できるので、こちらもおそらく乗車することができるものと思われます。

 マルスに指定席の情報を入れるのではなく、ライナー権の券売機を設けるでもなく席で乗務員から乗車整理券を購入するというスタイルにしたのも理にかなっているでしょうね。何しろ新快速は1時間に4本走っており、指定席の情報を管理するのは大変でしょうから…

まとめ

 JR西日本の新快速でも着席サービスが開始されるということで、より快適に移動が可能になるようです。青春18きっぷのシーズンなどは満席続出かもしれません・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク