スポンサーリンク

 JR西日本が発売していた神きっぷ「どこでもきっぷ」は2021年内で発売を終了してしまいましたが、エリア限定版を「北陸三県誘客促進連携協議会」、「DISCOVER WEST 連携協議会」と協力し新たに北陸エリアと山陰・山陽エリアで発売することとなりました。一体どのようなものでしょうか?

山陰・山陽エリア向け「中国エリアどこでもきっぷ」発売

 JR西日本は山陰・山陽エリアの特急列車が乗り放題となる「中国エリアどこでもきっぷ」を発売します。

 JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ フリーエリア
引用: JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ

 フリーエリアは上図の通りです。JR西日本中国エリア内の普通車自由席(新幹線・特急・普通列車)が連続する2日間乗り放題となります。なお、智頭急行など他社線は利用できませんので注意が必要です。特典については、山陽エリアはこちら、山陰エリアはこちらをご覧ください。

 価格は大人7000円、子供3500円です。利用期間は4/10までの連続2日間で、1週間前までの発売となります。注意点として、JR西日本管内の主な旅行会社で宿泊とセット購入する場合に限り発売します。インターネットではフォートリップが発売を行っています。駅のみどりの窓口、e5489、電話予約などでは発売を行いません。

北陸エリア向け 「北陸エリアどこでもきっぷ」発売

  JR西日本は北陸エリアの特急列車が乗り放題となる「北陸エリアどこでもきっぷ」を発売します。

北陸エリア フリー区間
引用:JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ

 フリーエリアは上図の通りです。JR西日本北陸エリア内の普通車自由席(新幹線・特急・普通列車)が連続する2日間乗り放題となります。なお、IRいしかわ鉄道(金沢~津幡駅間以外)・あいの風とやま鉄道・のと鉄道などは、ご利用になれませんので注意が必要です。 IRいしかわ鉄道の金沢~津幡駅間はJR西日本線へ通過利用する場合に限り利用可能です。特典はこちらをご覧ください。

  価格は大人6000円、子供3000円です。利用期間は4/10までの連続2日間で、1週間前までの発売となります。注意点として、JR西日本管内の主な旅行会社で宿泊とセット購入する場合に限り発売します。インターネットではフォートリップが発売を行っています。駅のみどりの窓口、e5489、電話予約などでは発売を行いません。

北陸エリアならJR東海が発売する「北陸観光フリーきっぷ」も検討を

 「北陸エリアどこでもきっぷ」を利用する場合はJR東海が発売する「北陸観光フリーきっぷ」の利用も合わせて検討するとよいでしょう。こちらは「しらさぎ」と「ワイドビューひだ」を片道づつ利用するという縛りはありますがきっぷ単体で発売がされますし、当日でも購入が可能です。小浜線は利用不可ですが、その代わりこちらはIRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道(黒部まで) が利用可能となっています。4日間有効ですので、こちらもぜひご利用ください。