スポンサーリンク

 世の中って何が起きるかわからないものですね。遊戯王の作者・高橋和希さんが何と1人でシュノーケリングをしている最中にサメに噛まれて?死亡するという事故が起こりました。これを受け、遊戯王のファンなどからは悲しみの声が相次いでいます。一体なぜこのような事故が起きてしまったのでしょうか…


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

「遊戯王」作者の高橋和希さんが亡くなる…

人気漫画「遊戯王」作者 高橋和希さん 沖縄 名護で死去 集英社「突然のことで驚いております。大変残念です。ご冥福をお祈りいたします」|TBS NEWS DIG

 少年向けの人気漫画「遊戯王」の作者・高橋和希さんでしたが、何とシュノーケリングの最中にサメに襲われ?なくなっていたことが判明しました。まあ、年も年でしたし、趣味のシュノーケリングでこの世を去れたんですから幸せかもしれませんね(笑)

遊戯王ファンの中には不謹慎な行為に及ぶ者も…

 難しいね。 ノリで死者蘇生を貼った方も居ると思うけど、遊戯王のカードに幾ら掛けても苦になら無いコアなファン方々からすると信じたく無いだろうし。

 遊戯王に差ほど興味の無い方と、凄い熱量の方との間には絶対的な思いの差は有るよねぇ。遊戯王だけでは無く。漫画やアニメ、ドラマ等で様々な熱を持つファンが居る訳で、実際に聖地と呼ばれる場所の周辺住民に害を及ぼす行為は批判されて当然だけど、死者蘇生に関しては必ずしも批判し難い。

引用:『遊戯王』高橋和希さんが急逝…ファン悲痛も訃報に「死者蘇生」と反応する人に“不謹慎”と物議

 信じられないショックな悲報だ。漫画自体は初期の頃から読んでいたけど、カードゲームは中学生時代、友だちの間で流行っていてミーハー心から乗っかって集めていたっけな。暗黒騎士ガイア、封印されしエグゾディア、バスター・ブレイダー、カオスソルジャー、ブラックマジシャン、機械王・・・どれもネーミングやデザインがカッコよくて実際にカードゲームやらなくても、集めてるだけで楽しかった。

 漫画は、初期の頃は闇のゲームが妙にリアルでダークなイメージもあって読んでいて楽しかった。 今でこそカードゲーム デュエルモンスターズのイメージあるけど、スーパーヨーヨーやガレージキット、NIKEのエアマックスをモチーフにしたスニーカーだとか、ストリート系とかサブカルとか、そういう娯楽ものも最初の頃はテーマとして取り扱ってたっけ。

 60歳は今の時代じゃまだまだ若い。 ご冥福を どうか安らかに

引用:「遊戯王」作者が死去 高橋和希さん、海上で発見 沖縄

 沖縄でのシュノーケリング中の海難事故は増加しており、昨年は21件とここ十年でも最大だったようです。

 今年に入ってからも高齢の方を中心に事故が続いていましたがコロナ禍でソーシャル・ディスタンスを保とうと人のいない「穴場」である自然海岸を選んだ結果、誰にも気付かれず…というケースも多いと聞きます。

 ガイドもなく、個人で潜るには海は怖いところです。 どのような経緯で事故に至ったのかはまだ続報を待たなければなりませんが 私の大好きな沖縄の海で私の大好きな漫画家の先生が亡くなってしまうというのは、悲しい限りです。

引用:人気漫画「遊戯王」作者 高橋和希さん 沖縄 名護で死去 集英社「突然のことで驚いております。大変残念です。ご冥福をお祈りいたします」

 地元の人とかダイビングする人ならわかると思うけど、一般的にシュノーケリングする場所で恩納村から本部にかけてのエリアに出るサメってカマストガリザメっていうおとなしいサメでサイズこそ1.5mくらいあるけど人を襲うことなんかほとんどないんだよね。

 高橋氏が発見された際にライフジャケットは着ていなかったようだから初心者ではないのかもしれないけど、あり得るとしたらシュノーケリング時にサメを見てパニックになって溺れたことが死因で噛み傷は死後に海中で噛まれたのではないだろうか。

 少なくとも当日は海が荒れてたわけでもないし夕方以降は天気も良かったから目撃者がいなければアクセスの難しい地磯か夕方から日没以降に入水したと考えるのが妥当だけど不自然だよね。

 なんと言っても数百億という遺産がうわさされる人物だけに否が応でも妄想してしまう。ただ名護湾自体は比較的安全なエリアなので誤解の無いように。

引用:高橋和希さんの死因は…沖縄海域に“人食いザメ” 単独行動は危険度アップ

シュノーケリング中の事故?それとも他殺?

「シュノーケル事故はもう耳タコ」 相次ぐ水難事故を防ぐためにできることとはー

 シュノーケリング中の事故という声もありますが、遺産が数百億にも及ぶということで他殺ではないのか?という声も上がっているようです。もし他殺なら、これ以上ないミステリーとして興味があるところですが。

 まあ、彼の死は無駄にはならないと思うんですよね。今回の事故?でシュノーケリングのリスクがよく理解されたと思いますし、今後は海の事故も減るんじゃないかな?と思うんですよ。そういう意味で言うなら、未来の死亡事故を防ぐことに貢献した、名誉ある戦死という言い方もできますね!

 ということで、黙とうをささげたいと思います。黙祷(Ω\ζ°)チーン)

最後に

 なお、コメント欄については荒れることが予想されるため、当面の間閉鎖しております。

 はっきり言って匿名できれいごとを投げつけてくるような方に対してコメントを返すのも手間ですし、日本国憲法で言論の自由も表現の自由も認められていますので…(コレがわからなかった人はもう一度社会科の勉強をやり直すように)。

 人はいつか死ぬわけで、それがいつかは知りませんが必ずいつかは死にます。三木谷氏のような金持ちでもスーツ氏のような有名人でもそれは変わりません。自分が死んだら、自分をネタに笑って頂いて一向に構わないですよ?死んだらどうせわからないんですから。なので、私は死んだ人間をネタにする事を少しも悪いとは思いませんし、これからもネタにしていきますね。

 逆に「人の死をネタにするな!」とキレてる方は何故人の死をネタにしてはいけないかちゃんと論理的に説明できますか?感情的に喚き散らすだけなら小学生でも出来ますからね。ご意見はお問い合わせ欄からどうぞ