スポンサーリンク

 旅行会社の大手の一角であるJTBが旅行相談を有料化することを明らかにしました。

旅行相談の有料化

ネット対応へシフト?

 今回のJTBの措置は今後ネット方面へのシフトを図る、ということなのかな?と考えてしまいました。

 海外旅行の相談が高いのはある程度理解できなくもないですが、相談だけで1時間で8千円も取られてしまうのではそもそもJTBは海外旅行の選択肢から外れてしまうのではないでしょうか。10日以内に契約をすれば旅行代金の一部とするそうですが、他社を利用することになった場合には丸々ムダ金になってしまうわけです。これではJTBに相談したいという人は減るでしょう…それともJTBの窓口に来る人はお金持ちが多いからそんなことは気にしないのでしょうか?

他の旅行会社は追随するか?

 今回JTBが窓口での相談を有料化しましたが、果たして他の旅行会社が追随するか?否か?という点には注目でしょう。もし他の旅行会社も追随するようならますますネットで申し込むという人が増えるでしょうし、他の旅行会社が追随しないのであればJTBの窓口には閑古鳥が鳴くことになりそうです。

他の業種で真似するところは出るか?

 相談に時間のかかりそうなところというと他には銀行とか携帯ショップとか家電量販店でしょうか。大手銀行や携帯ショップだと利用客は多いでしょうし、ここで有料化なんてことになったらぼろ儲けでしょうね。ただ、そんなことをした日には利用客からは非難囂々でしょうけれど…

スポンサーリンク

まとめ

 今回の発表はまさか、という感じでした。JTB側は事前に買う商品を決めて窓口で申し込みをしてくれ、ということなんでしょうか。いくら大手でも傲慢すぎやしないですかね。今回の件を他の旅行会社や業種が真似しないことを願うばかりです。

スポンサーリンク