スポンサーリンク

 東武鉄道500系「リバティ」509F~511Fの甲種輸送が先日行われましたが、ついに「りょうもう」へ本格進出をすることが明らかになりました。今後どうなるのでしょうか?

「りょうもう」にリバティ本格進出

 東武鉄道500系「リバティ」509F~511Fの甲種輸送が先日行われ、その動向が注目されていました。

 そして今回「りょうもう」への投入が明らかになりました。新しく投入されるのが3編成のため今後ほかの列車も置き換えが行われるものと思われますので、情報があり次第追記します。

200系ついに置き換え開始か?

【迷列車で行こう】「擬態の新型特急」 東武200系りょうもう

 現在「りょうもう」で運用されている200系は車体更新から30年、下回りに関しては1700系・1720系からの流用品であることもあり50年、一部に関しては60年以上使用されています。となるとそろそろ更新を考えなければならない時期ということになりますね。

 そう考えると1998年に完全新製された250系1編成を除き置き換えてしまうのかもしれません。500系は3両編成ですが、昨今のコロナ禍で需要は急減していますし、朝夕の通勤時っは2本つなげて対応するのかもしれません。

 また、2本併結にすることで前3両は赤城行き・後3両は伊勢崎行きのような運用も可能になるので、利便性の向上もありそうですね。

350系引退か?

350系
引用:350系

 350系は平日の運用が消滅し現在は土休日のみの運行となっていますが、こちらも引退する可能性が出てきました。

 こちらも足回りなどを前代から流用しており、種車の製造から45年前後経過。近年は老朽化が顕著となっており、他車と比べるとやや見劣りすることも事実です。こちらもいつ500系「リバティ」に置き換えが行われてもおかしくはないと思われます。