スポンサーリンク

 また残念なニュースが入ってきました。今春のダイヤ改正で引退予定の近鉄「スナックカー」のNS51編成で車番プレートが外されていることが判明しました。盗り鉄による犯行が疑われており、騒然となっております。

車番プレートが盗難被害に

 また引退間際の車両が盗り鉄の被害に見舞われました。近鉄「スナックカー」のNS51編成の車番プレートが盗まれ、代替としてテプラが貼られています。

 このプレートは特殊なネジで留められており、工具類に熟知したものでないと外せないと言われていますので、相当慣れた盗り鉄なのではないかと思われます。売ろうとすればバレるでしょうし、SNSにも掲載できませんから個人の観賞用に盗ったのでしょうか?酷いことをする人が居るもんですね…

盗難被害が相次ぐ…

 最近は盗り鉄による被害が相次いでおり、鉄道会社も警戒を強化しています。こういう現状はとても残念ですね…

やっぱり鉄オタは…

 それにしてもここまで事件が頻発する辺り、人に平気で迷惑かけてもなんの罪悪感もないのでしょうね。鉄道オタクには発達障害、特にASDを患った人が多いということが知られていますが、本当にその通りですね。

 その厄介さから、特別支援学校の教員すら「いない方がマシ」という始末。恐らくこの教員は処分の対象にはなるのでしょうが、本音をよく言ってくれたと思います。ネット上でも称賛する声が上がっていました。

 正直社会リソース食い潰すからなぁ

 2-3人の養護学級に教師一人つけてるとことか無駄以外の何者でも…

 大人になってもあれだし

引用:【群馬】「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校の女性教員がTwitter投稿 県教委は処分検討★5 [和三盆★]

 これは正しい。障害者の奴等は塵糞だらけだから。 差別、ヘイトだのとほざく奴は障害者の現場を知らないか、そんな糞障害者でも我が身を犠牲ににしてでも助けるべきの狂った思考になっている奴だな。
 あとは、糞障害者共を上手く利用して金稼ぎをしていたりする奴と。

引用:【群馬】「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校の女性教員がTwitter投稿 県教委は処分検討★5 [和三盆★]

 精神科で働いているけど知的・発達障害の大人がたくさんいるよ。
 社会に適応できず、暴力事件起こすけど警察にも手に負えないから精神科病院へ寄越される
 社会からも家族からも見放されて、病院では繰り返される暴力で対応困難

 暴力系の知的発達障害者は、本人も含めていない方がみんなのためだと思うよ

引用:【群馬】「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校の女性教員がTwitter投稿 県教委は処分検討★3 [和三盆★]

 私には一概に非難する事は出来ない。実際に暴力を振るわれて、現場でしか分からない苦悩があったハズです。

 投稿した事は良くないが、心の中で耐え難い何かがあって、よっぽどの事なのだと思う。

 こういった問題は取り上げて、非難するのではなく、問題解決の為に現場を正して行くべきなのではないでしょうか?

引用:「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校教員が投稿

 職場に障害者がいます。助けてもらって当たり前という態度、何をしてもらってもお礼ひとつ言いません。

 一番最後に仕事を始め、一番最初に帰る。喋ることは自分は大変、と言うこと。

 身体的障害はあるものの、一人暮らしができていて、普通の高校を卒業しているそうだし、スマホいじって普通に生活しているんだけど、優遇がハンパない。

 最初は何かあれば助けて力になろうと思っていたが、人となりを見てからは、かまわない事にした。

引用:「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校教員が投稿

 先生の処分より、障害者から暴力を振るわれたりしたのか調べる方が先。日本は障害があれば守られると勘違いしている人が多い。善悪は、どんな人でも繰り返し教える事。

 裁判所も考えを改めるべき。障害があろうがなかろうがやっていけない事はダメですと言うべき。不起訴や無罪で誤魔化すな。

 先生が暴力を受けていればそのような発言にもなる。日本は被害者をないがしろにする。池袋の事故も同じ。被害者が抜けている。

引用:「いない方がまし」特別支援学校の女性教員、SNSに障害者差別の投稿

 生ごみでさえも堆肥にすれば植物を育てる役に立つのですが、(一部の)鉄オタというのは何の役にも立たず周りに迷惑をかける、生ごみ以下の存在ですね…

 まあ、障害者は人間の出来損ない、健常者の劣化版のようなものですから見かけたら生暖かい目で見守ってあげてくださいw

最後に

 スナックカーから銘板を盗んだ盗り鉄にもし少しでも良心が残っているのであれば、一刻も早く近鉄に謝罪し、警察に自首して下さい。長年過酷な運用に耐え続けてきた「スナックカー」の最期がこれでは余りにも悲しすぎます…