スポンサーリンク

 3月のダイヤ改正以降稼働が無く動向が注目されていた高崎車両センター所属の211系A2編成ですが、3/30に自走で長野車両センターへ回送されたことが明らかとなりました。ダイヤ改正で運用数が減少していることから、廃車になるものと思われます。


駅収集ゲームとして人気となっています。旅行の際にいかがでしょうか?

211系A2編成が長野へ

 3月のダイヤ改正以降稼働が無く動向が注目されていた高崎車両センター所属の211系A2編成ですが、3/30に自走で長野車両センターへ回送されました。通例ですと、廃車回送は機関車による牽引となることが多かったのですが、211系は長野地区で運用実績があることやパンタグラフが狭小トンネルに対応いたため自走での長野行となった模様です。

高崎地区から置き換えか?

【9/57駅しか通過しない⁉】飯田線の快速みすずに乗ってきた

 現在JR東日本管内の211系は高崎地区と長野地区で運用されていますが、長野地区で運用されている211系はJR東海の中央西線(塩尻~中津川)や飯田線(辰野~飯田)での運用があることや置き換えの際には恐らく大規模な運用の再編があることを考えると中々置き換えにくいのかもしれません。JR東海への直通運用も特急「しなの」がJR東海の車両による片乗り入れなことを考えると車両使用料の精算のために消すわけにはいきませんし、新型車両の導入となるとJR東海とも協議を行う必要があります。

 この点高崎地区の211系は6両編成・4両編成どちらの運用も併結運用はなく置き換えはしやすい印象があります。車両数は少なくないですが、J-TRECの車両生産能力を考えれば1~2年で置き換えが行われるのではないでしょうか。ただ、どちらの地区も211系が後継で置き換えられることは目に見えていますので、記録や乗車はお早めに。