スポンサーリンク

 JR西日本では最後の国鉄特急型電車として381系が特急「やくも」で活躍していますが、さすがに老朽化などが否めなくなってきたのか新型振り子電車の273系を2024年春から投入し順次現行の車両を置き換えることを発表しました。


スマホの写真をプリントしたりフォトブックを作るのに便利です。いかがでしょうか?

遂に新型車両を投入へ

特急「やくも」新型車両導入へ 2024年春以降に営業運転開始【岡山・岡山市】

 JR西日本は16日、山陰・山陽エリアを結ぶ特急「やくも」のサービスレベルと輸送品質のさらなる向上のため、2024年春以降、新型車両として直流特急形電車273系を44両導入すると発表した。

(中略)

 新型車両273系では、乗り心地を向上させるべく、国内初という「車上型の制御付自然振り子方式」を新たに開発し、実用化する。JR西日本と鉄道総合技術研究所、川崎車両の共同開発による新技術で、車上の曲線データと走行地点のデータを連続して照合し、適切なタイミングで車体を傾斜させる方式となる。

 車内の快適性向上のため、座り心地を改善した座席を採用し、座席間隔も拡大。空気清浄機を搭載し、抗菌・抗ウイルス加工による安心した車内環境づくりを行う。車いすスペースを拡大し、多目的室や大型荷物スペースを設置するなど、幅広い利用者層を意識した設備の充実を図り、バリアフリーにも対応。全席にコンセントを搭載し、車内Wi-Fiも採用する。車内セキュリティ向上のため、防犯カメラも設置される。

 よりエネルギー変換効率に優れたVVVF制御装置やLED照明などで省エネ化を図り、環境負荷の軽減にも取り組む。車体の衝突安全対策を施し、機器を二重系化するなど、安全性・安定性も向上させるとのこと。新型車両273系は2024年春以降、岡山~出雲市間で営業運転を開始する予定。投入車両数は44両(4両×11編成)とされている。

引用:JR西日本、新型車両273系「やくも」に導入へ – 国鉄色381系も登場

 JR西日本管内の特急で唯一国鉄型が活躍を続けてきた特急「やくも」ですが、沿線住民にとっては待望の新型車両導入となります。これにより、現在運用されている381系は順次引退し、同線の展望グリーン車は見納めとなります。これに対しては歓喜の声が多かった印象です。

 しなの381系に乗った時に酔った記憶があるが今ではいい思い出。やくもも乗ったが寝てしまった。もっと振り子を楽しんでたら良かったと後悔する。初期の351のスーパーあずさには苦労したが、振り子車両も進化して乗り心地良くなっている。しかし、また昭和の車両ガス無くなる事は寂しい。

引用:特急やくも新型導入へ 乗り心地向上、24年から

 なかなかの投資だよ。高速バスには絶対負けられないという意気込みを感じる。振り子式電車を今作るというのはそういうこと。速度を落とせばもっと安い方法で、それなりの車両が作れる。むしろ今は維持費の問題で、そちらの方式の方が主流になりつつある。しかし、コストのかかる振り子式を選択した。この意味は大きいと思う。

 現行車が酔いやすいのは、カーブに入ってから大きく振れること。いわゆる振り遅れ。新車では機械で適正な時機に適正な角度へ振るはずだから、現行車より多少は酔いづらくなって改善するはず。

引用:新型「やくも」273系に込められた想いとは ただ今デザイン考案中!

 コロナ禍から復活しても、元の乗客数に戻らないという専門家の試算が出ていますから、最ピーク時でも8両で賄えるという計算なのでしょう。それと、今度の新車が中間に先頭車が入った時に通り抜け出来る構造なら、感心はしませんが増結時に非貫通の381系より貫通路の分だけ乗客の詰め込みが効きます。

 4両単位にしたのはある意味、阪和線の一般列車と似たような発想ですね。今の381系の増結編成は、片側が運転台無しなので組み換え無しでは営業運転が出来ず、車庫で寝る時が出てしまいますから多少、需要過剰・不足が出る恐れがある弱点に目を瞑ってでも、統一編成による効率化のメリットを取ったのでしょうね。

引用:本州最後の国鉄型特急が引退へ 山陰・山陽結ぶ「やくも」に新型投入

381系の国鉄色が復活へ

 2年後に置き換えが開始される381系ですが、1編成を国鉄色にリバイバルします。3/19から以下の「やくも」2往復に充当される予定です。

  • やくも8号:出雲市 7:22→岡山 10:35
  • やくも9号:岡山 11:05→出雲市 14:12
  • やくも24号:出雲市 15:30→岡山 18:39
  • やくも25号:岡山 19:05→出雲市 22:11

「やくも」伯備線運転開始50周年記念入場券を発売

 

 JR 岡山支社・米子支社では、特急「やくも」が 1972年3月に伯備線で運行を開始してから50周年を迎えることを記念し、現在の特急「やくも」の停車駅 14 駅の入場券とオリジナル台紙をセットにした記念入場券セットを1人当たり10セットまで、2000セット限定で発売します。

 3/15の10時から発売しますが、松江駅・米子駅・根雨駅では、発売開始前の 9:00から購入をご希望のお客様に整理券を配布します。ネット予約・電話予約・郵送等での販売は行いません。