スポンサーリンク

 GoToキャンペーンの地域クーポンがようやく来月開始されることになりました。また、JR東海ツアーズの「ひさびさ旅」が10月以降も発売が続けられることになり、さらに強力な商品となっているので紹介したいと思います。

Goto地域共通クーポン10月から配布

GoToトラベル10月からクーポン開始(2020年9月8日)

 Go To Travel キャンペーンの中で利用金額の15%を地域共通クーポンとして配布する予定でしたが、来月から実施される見通しとなりました。

 1日1泊あたり6000円(日帰り旅行は3000円)が上限で、お釣りは出ません。発行形態は紙と電子の2通りで、有効期限は宿泊日とその翌日となっています。宿泊地(目的地)の属する都道府県とその隣接都道府県で利用可能となっています。

 「隣接する都道府県」は陸地で接するか道路・鉄道によって接続する都道府県のほか、航路(日帰りで往復ができる航路に限る)によって接続する都道府県を指しています。これにより、東京湾アクアラインがつながっている神奈川県-千葉県、北海道新幹線で結ばれている北海道-青森県が隣接する都道府県となっているほか、東京都-静岡県、和歌山県-徳島県、香川県-兵庫県、愛媛県-山口県・大分県、山口県-大分県、長崎県-福岡県・熊本県、鹿児島県-沖縄県が航路によって隣接する都道府県となっています。

 宿泊やパック旅行、日帰りツアーの代金から35%引きになるのは7/22からスタートしていましたが、ようやくの実施となりますね。

「ひさびさ旅」も継続発売

N700系
引用:N700系

 JR東海ツアーズの「ひさびさ旅」については名称が若干変わるものの10/1以降も発売されることになりました。

 例えば、「ひさびさ旅割引★★日帰り1day 大阪スタンダードプラン」では往復の新幹線指定席と1000円(税込)分の利用券がセットとなって15700円で発売されていますが、これに東京都民以外であれば35%の割引が入って10205円、さらに地域共通クーポン2000円分が付くことになりますね。

 なお、利用列車に制限があります。乗り遅れた場合、後続の列車の自由席も利用できませんのでご注意ください。また、4日前までに申し込みを行う必要があります。

名阪間が5千円未満で往復可能に

 ひさびさ旅は名阪間でも設定されており、「ひさびさ旅割引★★日帰り1day 大阪」があります。金額は7500円で、往復のひかりまたはこだまの新幹線指定席に新大阪駅構内の東海キヨスク500円分(税込)の利用券がセットになっています。

 Gotoキャンペーンを適用すると4875円。新大阪駅構内の東海キヨスク500円分(税込)の利用券が付いてくることを考えると、片道2200円くらいで利用できることになります。

ひのとり
引用:ひのとり

 名阪間の移動は近鉄特急で移動する人が多いと思いますが、「ひのとり」で移動すると片道4540円(レギュラー車両の場合)、アーバンライナーの場合でも4340円かかります。普通列車で移動したとしても2410円かかりますので、列車が制限されることや事前に列車を指定する必要があること・4日前までに申し込みを行う必要があることを考えても非常に安いですね。

 これを機会に東海道新幹線で快適な旅を楽しんではいかがでしょうか?