スポンサーリンク

 いや~今年の阪神タイガースは本当に弱いですね。昨日のDeNAベイスターズ戦は0-0のまま延長10回を迎えましたが、DeNAのソトにソロホームランを叩き込まれ敢え無く敗戦。これで敵地では11連敗となってしまいました。このままいけば何と4月中にも自力優勝が消滅するとのことで、サポーターからも怒りの声が挙がっています…


雨が降った際に便利です。旅行の際にいかがでしょうか?

主砲の1発を浴びて終戦

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1516755997565456388

 阪神がサヨナラ負けで3連敗を喫し、浮上の兆しが見えない。球団ワースト記録を更新する開幕からビジター11連敗となり、今季最多の借金15に膨れ上がった。 0-0の同点で延長に突入したが、10回4番手の浜地がソトにサヨナラ本塁打を浴びた。

 ▼阪神は最短で、今季30試合目の今月29日に自力優勝の可能性が消滅する。21日から阪神が8連敗、巨人が8連勝すると仮定。30日以降に

(1)阪神=残り113試合に全勝しても、最終成績は116勝26敗1分けで勝率8割1分7厘。

(2)巨人=阪神戦残り18試合に全敗しても、他球団との95試合に全勝すれば、118勝25敗で勝率8割2分5厘となり、阪神を上回るため。

 また29日までに2球団に△があっても、29日に阪神の自力Vが消える場合もある。

 ▼2リーグ分立後の最速での自力V消滅は、55年大映(消滅)の27試合目。このときのパ・リーグは8球団あった。現行の6球団によるリーグ戦に限ると、18年パの楽天31試合目を超え、阪神が球界最速となる恐れがある。

引用:【阪神】ビジター11連敗、29日にも自力V消滅 30試合で消えると6球団制で史上最速

 いやはや、今年の阪神を象徴するような試合でしたね。延長10回まで0-0で持ちこたえたのですが、ソトにサヨナラホームランを叩き込まれ敢え無く敗戦となりました。

今期の象徴的な敗戦集

 これで3勝18敗(1分け)となったわけですが、全ての敗戦を取り上げるのはちょっと忍びないので特に象徴的な敗戦をまとめてみました。

【ハイライト】3/25(金) 神8-10ヤ(京セラD)| 開幕投手の藤浪、7回3失点好投!打線は糸井を中心に15安打8得点!

 まずは何といっても開幕戦でしょう。7回終了時まで5点差あったリードを守り切れず逆転負け。救援陣の弱さを曝け出す開幕戦となりました。

 ヤクルトとの3連戦を3連敗で終えて迎えた敵地の広島戦では9回表まで2-1とリードするもその裏に満塁のピンチを迎え、西川にさよならヒットを浴びてサヨナラ負け。

【ハイライト・4/3】ルーキー赤星プロ初勝利!中田満塁ホームランで巨人6連勝!【巨人×阪神】

 敵地での広島戦も3連敗で終わると巨人との「伝統の1戦」を迎えますが、敵地で成すすべなく3連敗。

【ハイライト】4/6(水) 神1-6デ(甲子園)| 伊藤将司が9回1失点の好投!打ってはプロ初のタイムリーを放つ!

 本拠地の甲子園で迎えたDeNA戦は初戦こそ4-0で勝利し2022年の初勝利を挙げますが、連勝をかけて臨んだこの試合では9回表に後1ストライクを取れずに同点に追いつかれると延長12回表に5点を奪われ敗戦。試合後には一部の観客が暴動を起こす事態になりました…

 DeNAとの3連戦の3戦目はDeNAに新型コロナウイルスの陽性者が多数出たことで中止に。続けて本拠地で迎えた広島戦ですが、引き分け・負けで迎えた3連戦の3戦目は2回表にマクブルームに先制ソロホームランを叩き込まれるものの守備陣は何とかこの1失点のみで持ちこたえます。しかし、どうしても1点が奪えず…敗戦。

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1515572768653209601

 続く中日との敵地での3連戦は特に語る内容もなく3連敗し、本拠地に戻ってきます。迎えた巨人との3連戦は2連勝し、3戦目も2回裏に糸井選手のソロホームランで先制するも4回表にウォーカーの来日初本塁打となる3ランホームランで逆転されそのまま敗戦。

2022.4.19ハイライト【DeNA vs 阪神】1回に3失点するも、その後得点を重ね5回に宮﨑敏郎選手の勝ち越しとなるタイムリーツーベースヒットが決勝点となる‼

 連敗を避けたかった敵地でのDeNA戦では1回表に幸先よく3点を先制するも、守備陣が耐え切れず5回裏に逆転を許し敗戦となります。そして昨日のDeNA戦は0-0のまま延長10回を迎えましたが、DeNAのソトにソロホームランを叩き込まれ敢え無く敗戦となりました…

ネット上の反応は?

 本当にビジターで勝てないね。甲子園での阪神ファンの怒涛の声援で、相手チームにプレッシャーをかけないと勝てない?

 昨シーズンのスタメンと今のスタメンを比較して、マルテとサンズがいないとは言え、佐藤以外が打てなすぎる。ピッチャーはスアレスが抜けたのは痛いけど、何だかんだリリーフは頑張っているからね。

 先発ピッチャーは、西以外は打たれまくってる。青柳とウィルカーソンが直近の巨人戦と同等の調子を維持できれば、まだ勝てる可能性が少しは上がるだろうけど。どのみち、おそらく今シーズンに限っては、監督が代わってもそんなに変わらないと思う。

引用:【阪神】ビジター11連敗、29日にも自力V消滅 30試合で消えると6球団制で史上最速

 小川投手の好投は見事だった。中継ぎデビューから2軍生活を長く経験した中で、着実に実力をつけている。練習・取り組みの成果が結果として表れている。今後も先発で経験を積み、さらに力をつけて欲しい。応援に値する力投だった。

 ベンチや監督の無策を批判する解説陣・ファンが多い。しかし今の阪神は策を講じる以前のレベルだ。野手陣の覇気の無いプレーぶり。昨日からチームの主力が併殺・バント失敗・チャンスで凡退。これではどうしようもない。他チームを見ても、監督が攻撃でタクトを振るうのは打線が正常に機能している前提があるからだ。首脳陣交代でもやむなしの成績だが、交代して良くなるプレーぶりには到底見えない。

 熊谷選手や高山選手、代打で起用された選手は食らいつく姿勢を見せた。覇気がない主力を起用するなら、必死にプレーするベンチ選手を起用する方が良い。現地で応援するファンに失礼な主力野手のプレーぶりだ。

引用:【阪神】サヨナラ負けで球団ワースト開幕から敵地11連敗 29日に自力V消滅も

 開幕して1ヶ月足らずでここまで記録的に敗北を続けて選手たちは内心どう思っているのか?ここまでチーム状態が悪くなった一番の元凶は間違いなく矢野。今年で辞めると宣言したやる気のない矢野にいつまで監督をさせ続けるのか?打てない、走れない、守れないで結果を示せていない糸原を他の選手を振り回してまで絶対的レギュラーのように扱い続けることに反矢野派の選手たちは呆れているはず。

 矢野の求心力は地に落ちチームは明らかに空中分解している。選手もこのままの状況が続いたら今季どころか来季にも影響が出ることは分かっているだろう。そうならないためにも選手たちが球団に機能していない監督の即時解任を訴えかけることも必要だと思う。球団側も選手にボイコットされては困るはずだから、選手側の意見に耳を傾けるだろう。

 選手あってこそのチームだけに、球団には監督の気まぐれに左右されずチームの未来を最優先に決断するべき。

引用:【阪神】サヨナラ負けで球団ワースト開幕から敵地11連敗 29日に自力V消滅も

 ビジター11連敗、ここまで弱いと開幕戦の逆転負けや矢野監督のシーズン前の退任発表など関係なく、もはやただ単にチームが弱いだけかと。

 佐藤輝の2番など、もはや焼石に水に近い打線の措置でしかなく、むしろこの打順がマイナスに作用している。守りは守備範囲が狭く打てない糸原をスタメン起用しているのも理解に苦しむし、大山は何でもかんでも初球から打ちに行き、その初球がファールになって簡単に相手投手にワンストライクを与えてしまい、そして追い込まれて苦し紛れにボール球に手を出しての凡打の積み重ね。

 今年は二軍も、井上、遠藤、西純、みんな伸び悩みで上にあげる選手もいない。これは歴史的な負け数になる予感。

引用:【阪神】サヨナラ負けで球団ワースト開幕から敵地11連敗 29日に自力V消滅も

 これだけ貧打とベンチも無策が続くと、今日のように投手陣が頑張れば頑張るほど、延長に突入し、中継ぎ陣を酷使することになり、その繰り返しで夏場には、破綻しそう。

 今は頑張ってる先発陣も野手の見殺しだけでなく、エラーや記録にならないエラーに足を引っ張られ精神的にボロボロになりそう。

 マスコミによると、各チームに、タイガースキラーと呼ばれる、或いはタイガースに相性の良い投手が複数いるけど、そもそも、これだけ点の取れない打線に、タイガースキラーなんていない。まともなピッチャーが投げればみんなタイガースキラーになってしまう。タイガースキラーなんて言葉はもう使わないでほしい。

 タイガースより、得点の少ない、打率の低いチームがあるかもしれないが、タイガースより、勝敗に絡む場面で得点出来ないチームはないような気がする。配球は、読めないし、狙い球が来てもコンタクトできる技術がない。打てる訳がない。

引用:【阪神】サヨナラ負けで球団ワースト開幕から敵地11連敗 29日に自力V消滅も

 これが本来のダメ虎だから。何やっても空回りするチームで監督変えても同じ。選手達のやる気の問題だ。昔、野村克也監督が阪神の監督を引き受けるのは凄く悩んだくらいだから難しいのだと思う、阪神は独特なんでしょうな。

 就任してからも最下位が続いたし阪神の基盤を作った功績がやっと花を開き星野仙一監督に引き継いだ後に久方振りの優勝に繋がったんだけど、あの頃と比べて今のチームを見ていても脆さは感じるけど強さは全く感じないんだよ。昨年、優勝をかっさらわれた時も爪の甘さも勿論あったが自力の無さが際だっていた感じがした。もっと基礎練をしないと駄目なんじゃないの。

引用:阪神、敵地11戦全敗で早くも借金15 解説の清原和博さんに「喋ってないで4番ファーストやって」と虎党は悲痛

>「いかんせん、トータル的に何を言ってもピッチャーが頑張ってる中で点数が取れない。勝つ要素がないわけだよね」

 それを考えるのがあなたたちの仕事でしょ。今日はDeNAよりもヒットを打っていたし何なら得点圏に何度もランナーを進めている。それで無得点なんだから策を講じないベンチの責任ちゃうんか?勝つ要素がないんじゃないんだよ。策を講じないから勝てないんだよ。

 佐藤2番に入れたけど機能してると思うか?四球0の中野が1番にいて、13打席ノーヒットの近本が3番にいてそこに挟まれる佐藤に対して相手がマトモに勝負すると思うか?
 1試合ならともかく何試合もやってて打順を再考すらしないって首脳陣が根本から勝つつもりないって事だろ?チームを勝たせるのは首脳陣の仕事なんだからそれを放棄するなら直ぐにでも辞めていただきたい。球場に応援に行くファンを冒涜するような発言にも受け取れるからな。

引用:サヨナラ完封負けに阪神・井上ヘッド「勝つ要素がないわけだよね」打順変更の可能性も

 ここまで弱いと本当に笑えてきますね。今年の阪神タイガースがいくつワースト記録を塗り替えていくのか楽しみなところですが、ファンの皆さん球場で暴れるのだけは止めて下さいね?w