スポンサーリンク

 現在総武快速・横須賀線と乗り入れ先の成田線等で試運転・乗務員訓練が続けられているE235系1000番台ですが、12/21から運行を開始することが明らかとなりました。

12/21から運行を開始

 総武快速・横須賀線向けの新型車両E235系1000番台は12/21から運行を開始することがJR東日本横浜支社から発表されました。当初は秋ごろの運行を予定していましたが、試運転や乗務員訓練の関係で予定が延期されたものと思われます。

 E235系1000番台の概要については以下の記事をご覧ください。

果たしてどの運用から入るのか?

 12/21からE235系が運用に入るわけですが、現時点でのE235系の疎開留置の状況は以下の通りです。

  • F-01+J-01編成:鎌倉車両センター留置
  • F-02編成、F-04+J-04編成:幕張車両センター疎開
  • J-02編成:木更津運輸区留置
  • F-03+J-03編成:東京総合車両センター田町派出疎開
  • F-05編成:新潟車両センター留置→近日中に甲種輸送実施
  • J-05編成:国府津車両センター疎開

 恐らく運行開始までに基本編成・付属編成共にもう1本づつ位は増備されるのではないかと考えられ、運用は4~5本まとめて置き換えられるものと思われます。E217系との併結は行われない見込みです。

12/18~20にE217系の疎開・廃車回送開始か

 E235系の運用が開始されれば当然E217系の疎開・廃車回送が始まるわけですが、昨日Y-101編成・Y-106編成と機関車の連結試験が実施されていました。近日中に開始される廃車回送に備えたものと思われます。

 どの編成から落ちるのか分かりませんが、早ければ18日の朝の運用が終了した後にそのまま死神に牽引されて長野へ…ということになるでしょう。運用数が減る土日の動きはさらに活発になるものと思われます。

 また、状態の良い車両についてはインドネシアへ譲渡されるという話も出ています。こちらについても今後どうなるか見逃せませんね。